今日の試合速報一覧はこちら

ニュース

一覧へ

2015年11月15日(日) 16:01

【Jユースカップ決勝】浦和ユース優勝における村井 満チェアマンコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【Jユースカップ決勝】浦和ユース優勝における村井 満チェアマンコメント
浦和ユースに優勝トロフィーを手渡す村井チェアマン

Jユースカップ決勝が15日に行われ、浦和レッズユースが名古屋グランパスU18を2-1で下し、初優勝を成し遂げました。この優勝について、Jリーグの村井 満チェアマンが以下のようにコメントしています。

■村井 満Jリーグチェアマン
浦和レッズユースの選手、そしてチームスタッフの皆さん、Jユースカップ初優勝、誠におめでとうございます。「負けたら終わり」という一発勝負のトーナメント制となった今大会、初戦から決勝まで緊張感のある試合を勝ち抜いたそのチーム力は賞賛に値します。

両チームの主導権争いを象徴するかのように降雨と晴天がめまぐるしく入れ替わったこの試合、難しいコンディション、そして怪我などアクシデントも重なる難しい試合展開を制したのは、浦和レッズユースでした。

浦和レッズユースは開始早々の3分に名古屋グランパスU18に先制を許しながら、ペースを乱すことなく、落ち着いた試合運びを見せると、相手選手の退場に伴い数的優位に立ったところを見逃さずに前半終了までに立て続けに2点を奪い逆転しました。好機を見逃さず、ハードワークを惜しまず、相手ペナルティエリアに気持ちで押し込んでいく力強さは見事でした。

対する名古屋グランパスU18も、フィールドプレーヤーが1人少ない状況でありながら、後半は見事にチームを立て直し、試合終了の笛まで攻撃的に攻め続けました。惜しくも1点が届かなかったものの、その健闘ぶりは、試合を観ていた多くの人に感動を与える内容でした。

あらためて、浦和レッズユース、名古屋グランパスU18の両チームの皆さんには、心より拍手を送りたいと思います。この大会で活躍した選手が今後もさらに成長し、2020年の東京オリンピックでは日本代表のメンバーとして活躍してくれることを願って止みません。

そして、最後になりましたが、本大会にご協力いただきました朝日新聞社様、日刊スポーツ新聞社様、株式会社日本旅行様には、改めて御礼申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集
jleagueking特集
Jリーグオンラインストア
J's Goal
サテライトリーグ日程結果2016
JリーグU-14
2016Jリーグ U-16チャレンジリーグ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
1stステージ 第17節
6月25日(土) 19:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2016/06/24(金) 16:03 今日は中村 俊輔選手 38歳のお誕生日!【HAPPY BIRTHDAY!!】