今日の試合速報

プレスリリース

一覧へ

2016/03/10 15:00

「2016Jリーグ U-14」 開幕! ~ 出場機会の少ない年代に定期的な試合出場の場を提供 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグは、今年もJリーグクラブに地域クラブを含めた第3種チーム所属の選手を対象とした大会「2016Jリーグ U-14」を開催いたします。
本大会は、試合出場機会の少ない各年代の選手に定期的な試合出場の場を提供し、個の育成を行うことを目的として開催するものです。
Jリーグ U-14は2008年よりスタートし、これまでのJ1・J2・J3クラブ、地域クラブに加え、今シーズンより横浜FCジュニアユース戸塚、鹿児島ユナイテッドFCU-15が新規参加して実施いたします。
なお、試合日程詳細につきましては、各クラブの公式ホームページ等にてご確認ください。

≪2016Jリーグ U-14 大会概要≫

■大会名称:2016Jリーグ U-14

■主催:公益社団法人 日本プロサッカーリーグ

■開催期間:2016年3月~2016年12月

■参加チーム:合計 67チーム  ※2015年 65チーム参加
(Jクラブチーム、既存参加タウンクラブチーム)

◆ポラリスA・B(北海道・東北・北信越) 13チーム(2グループ)/72試合
◆メトロポリタンA・B・C(関東) 29チーム(3グループ)/260試合
◆ボルケーノ(東海) 5チーム/20試合
◆サザンクロスA・B(中国・四国・九州・沖縄) 20チーム(2グループ)/180試合

■試合方式:<試合方式および勝敗の決定>
70分間(前後半各35分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
<勝点>
勝利:3点、引き分け:1点、敗戦:0点
<順位の決定方法>
全日程が終了した時点で、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
但し、勝点が同じ場合は、以下の順によって順位を決定する。
(1) 得失点差
(2) 総得点数
(3) 当該チーム間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)
(4) 抽選

■試合エントリー:1チーム25名以内とする

■出場資格:

・(公財)日本サッカー協会登録済みの第3種選手で、かつ2002年4月2日以降に生まれた者。
・出場クラブの4種チームに所属し、当該4種チームが(公財)日本サッカー協会にクラブ申請されていること。
・(公財)日本サッカー協会登録済みの第3種選手で、かつ2001年4月2日から2002年4月1日生まれの選手は、1試合中に3名枠まで出場することができる。

■選手交代:
試合中の選手の交代は1チーム14名以内とする。
※プレー中の選手が負傷するなどやむを得ない事情によりプレーを続行できない場合に限り、途中退場した選手も選手交代し、プレーすることができる

■警告の累積:
【ポラリス・メトロポリタン・サザンクロス】
期間中に警告を3回受けた選手は、次のリーグ戦は出場停止とする。
【ボルケーノ】
期間中に警告を2回受けた選手は、次のリーグ戦は出場停止とする。

■入場料:全試合入場無料

■表彰:
【優勝】チャンピオンシャーレ
【MVP賞】賞状、記念品
【得点王】賞状、記念品

<MVPの選出方法>
各試合が終了した時点で、MVP1名を勝利チームの監督が自チームより選出し、MIP1名を敗戦チームの監督が自チームより選出。
ただし、引き分けの場合は両チームの監督が自チームよりMIPを1名ずつ選出する。
MVP:2ポイント、MIP:1ポイント

≪JリーグU-14大会ロゴマーク≫

≪JリーグU-14大会ロゴマーク≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」
jleagueking特集
Jリーグオンラインストア
J's Goal
サテライトリーグ日程結果2016
2016Jユースカップ
JリーグU-14
2016Jリーグ U-16チャレンジリーグ
ゴシアカップ2016

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2017/01/16(月) 17:29 伊東(鹿島)と遠藤(浦和)の対談インタビュー!大会への意気込みを語る【FUJI XEROX SUPER CUP 2017】

最新ニュース

一覧へ