今日の試合速報

Jリーグ公式アプリ「Club J.League」リリース1周年記念キャンペーン エントリーすると、200万ポイント山分け!ポイント10倍!
Jリーグ公式アプリ「Club J.League」リリース1周年記念キャンペーン エントリーすると、200万ポイント山分け!ポイント10倍!

About Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム「芝ひろば」

大住 良之(サッカージャーナリスト)

Jクラブ100、地域スポーツクラブ1万の夢
 スポーツは水と同じだ。いや、同じであるべきだと、私は思っている。
 国によって水はどこにでもある。川はとうとうと流れ、いくらでも使えるものをたとえて「湯水のように」という表現さえある。しかし別の国には乾ききった大地しかなく、コップ1杯の水がひと握りの砂金にもまさる価値をもつことさえある。人間は水なくしては生きていけない。安心して暮らせる社会とは、必要なときに必要なだけ水を使うことのできるものではないか。
 かつて私たち日本人は、砂漠のようなスポーツ環境しかもっていなかった。スポーツとは、学校でするものだった。第二次大戦後しばらくたってからそこに企業が加わるが、学生でもなく、企業の援助を受けて競技を続けることのできるレベルにもない人びとにとっては、スポーツを楽しむなどということは贅沢以外の何ものでもなかった。すなわち、学校と企業というオアシス以外、日本という国は「スポーツ砂漠」だったのである。
 1993年にJリーグがスタートしたことは、日本のスポーツ史に大きく記されるべき「革命」だった。当初、人びとが目を奪われたのは、サッカーという競技のスピード感、観客も「サポーター」として加わることのできる一種の「お祭り」感、そして何よりも、世界につながる「新しいプロスポーツ」としての豪華感などだった。だがわずか数年でそうしたブームが去ったとき、人びとが見たのは、「地域に根ざしたスポーツ クラブ」という、Jリーグのもつもうひとつの素顔だった。
 よく「地域密着」と言われるが、私はその言葉のなかに、何か偉そうなものが下々のところまで降りていってやっているという響きを感じて、あるときから使うのをやめた。そして「地域に根ざした」とか、「地域立脚」といった言葉を使うようになった。
 Jリーグ立ち上げ時の「思想的背景」はバブル経済だった。日本の経済は限りなくふくれあがり、1企業がJリーグのクラブに毎年十億円つぎ込んでもまったく影響はないという考えの下に、クラブとリーグの立ち上げが行われたのである。だがリーグが実際にスタートする前に、幸いにも(!)バブル経済は終焉を迎え、クラブの多くはいやが応でもそれぞれの地域に頼らざるを得なくなった。そして地域から支援を得るには、地域の人びとの幸福の実現に役立つ存在にならなければならないと知り、真剣な努力を始めた。
 Jリーグは2年目から拡大の道をたどり、1996年、当初のブームが去ったときには初年度から6クラブ増えて16クラブになっていた。「多すぎて覚えられない」と批判されたが、Jリーグは拡大を止めなかった。「自分の街にもJリーグのクラブをもちたい」という地域が、全国各地に広がっていたからだ。
 派手なプロサッカーの仮面が少しはがれたとき、人びとが見たのは、地域の一員になろう、少しでも喜んでもらえる存在に、地域に誇りをもたらし、元気づける存在になろうと努力するクラブの姿だった。そして実際に、クラブの存在で大きく変わった地域がいくつも生まれていた。
 立派なスタジアムと力強いサッカーを核に地域のシンボルとなり、老若男女をひとつに結びつけたクラブがあった。それとは逆に、貧弱なスタジアムと負けてばかりのチームしかないにもかかわらず、サポーターの熱意が地域の人びとをリードし、まるで出来の悪い末っ子をかわいがるようにクラブへの愛を深めた地域もあった。サッカーの枠を超え、いろいろなスポーツに取り組むことで、広く地域の理解を得たクラブもあった。
 Jリーグが拡大を続け、1999年にJ2ができるなかで、巨大資本のバックがなくても地域全体でプロのサッカークラブを支えるノウハウも蓄積された。それぞれの地域の特色を生かしながら、2010年、JリーグはJ1とJ2を合わせて37クラブにまで拡大した。「Jリーグのクラブをもちたい」という地域は、日本全国にさらに数十もある。
 「地域に根ざしたスポーツクラブ」というJリーグの構想は、いまや日本のスポーツの将来像としてとらえられるようになった。年齢にも性別にも社会的な立場にも関係なく、誰もが身近に手軽にスポーツを楽しむことができるようにするには、生活地域ごとにスポーツクラブを整備する必要があるからだ。
 Jリーグのクラブはプロのサッカーの試合を通じて地域に楽しみを提供するだけでなく、ホームタウン全体に生活地域ごとのスポーツクラブのネットワークをつくるリーダーにならなければならない。
 私は夢みる。日本全国に100のJクラブがあり、毎週、1部から4部までのリーグ戦が行われてスタジアムいっぱいの人びとを楽しませている。その一方で、日本全国を約1万(公立中学校とほぼ同じ数)のスポーツクラブのネットワークが覆い、誰もが日常的にスポーツを楽しむことができる。
 スポーツが水のようになったとき、日本は、本当に安心して暮らせる、幸せな国になっているはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田J1 第23節
2018年8月19日(日)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2018/08/17(金) 17:00 2010年~2017年のJリーグ外国籍選手の驚愕ゴールランキング!外国籍選手の驚愕ゴール【TOP10 GOALS 2010年~2017年編】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/07/25(水) 12:00 【スポーツナビ】2014年 村井改革のはじまり<後編> シリーズ 証言でつづる「Jリーグ25周年」

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 49 22
2 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 40 21
3 FC東京 FC東京 40 22
4 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 33 22
5 セレッソ大阪 セレッソ大阪 33 22
6 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 32 21
7 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 32 22
8 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 32 22
9 浦和レッズ 浦和レッズ 31 22
10 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 28 22
11 清水エスパルス 清水エスパルス 27 21
12 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 26 21
13 柏レイソル 柏レイソル 26 22
14 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 23 21
15 サガン鳥栖 サガン鳥栖 22 22
16 名古屋グランパス 名古屋グランパス 22 21
17 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 21 22
18 ガンバ大阪 ガンバ大阪 21 22

2018年8月15日(水) 22:32更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 松本山雅FC 松本山雅FC 56 28
2 大分トリニータ 大分トリニータ 50 28
3 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 50 27
4 アビスパ福岡 アビスパ福岡 46 26
5 横浜FC 横浜FC 46 27
6 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 45 28
7 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 44 28
8 レノファ山口FC レノファ山口FC 43 27
9 モンテディオ山形 モンテディオ山形 40 27
10 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 38 27
11 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 38 27
12 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 37 28
13 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 36 28
14 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 36 28
15 栃木SC 栃木SC 35 28
16 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 35 28
17 FC岐阜 FC岐阜 32 28
18 愛媛FC 愛媛FC 30 28
19 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 29 28
20 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 24 27
21 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 23 28
22 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 22 27

2018年8月12日(日) 22:21更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 FC琉球 FC琉球 35 18
2 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 32 17
3 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 30 17
4 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 28 18
5 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 27 18
6 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 25 17
7 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 24 18
8 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 24 18
9 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 23 18
10 SC相模原 SC相模原 23 17
11 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 23 17
12 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 23 18
13 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 22 18
14 藤枝MYFC 藤枝MYFC 21 17
15 カターレ富山 カターレ富山 20 18
16 FC東京U-23 FC東京U-23 13 18
17 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 13 16

2018年7月28日(土) 21:12更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。