今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第7節 岡山 vs 札幌】試合終了後の各選手コメント(13.04.07)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●仙石廉選手(岡山):
「前半、追い風で押し込めていたんですが、後半、風が変わって集中して入ろうと言っていたんですが、逆転され、もっと注意深く戦うべきだったと思います。自分たちのペースでカウンターにいけていた所もあったので、あそこは堪えて、前に出ていったり出来たと思います。すぐに追いつけたことは良かった。メンタル的にきそうなところで追いつけたことは、次に同じようなことがあった時の自信になると思います。前半はいいリズム、いいテンポ、サイクルでプレー出来たと思います。ちょっとパスにこだわりすぎたところもあるかもしれません、荒田さんみたいなシュートをもっといっても。(前線の距離感について)間にシン君(桑田慎一朗)がボールを受けて入ってくれたし、ワイドにすごく展開できて左右滞りなく攻撃できたと思います。ああやって押し込めたんだからもっと点を取りたかったです。(Q:今日、3点取れるというポテンシャルを証明しましたね)点が少ないチームだと言われてたかもしれないですけど、1試合に3点取ることも出来る。攻め続けることしか可能性は見いだせないので、前半のサイクルでプレーを続けていけば点は入ると思います」

●田中奏一選手(岡山):
「(ゴールについて)まさかあんな形でボールが来ると思っていなかったです。荒田(智之)さんのシュートのこぼれ球を狙っていて、上にボールが行ってる間に、荒田さんが『打て』って。『じゃあ打ちます』って答えて。『お。入った』と思いました。前半、攻撃はできたんですが、クロスがニアに引っかかって、ちゃんと合わせないといけないと思いました。今日はひとつ間違えれば逆転負けの試合だったと思います。1試合1試合全力でやって試合に出られるようにしたい。(Q:やはり試合出場が目標?)サワさん(澤口雅彦)は150試合も出ているような人で、僕が数試合出たからってスタメンだと思ってはいけないです」

●荒田智之選手(岡山):
「(Q:愛媛戦に続いて、気持ちのいいゴールでしたね)。どんなゴールでも気持ちいいですよ(笑)。今日はイメージどおり打てたかなと思います。キーパーもちょっと出ていたし、あそこから浮き球でちょっと落ちるようなボールを打てば入るかなと思って。よかったです。(前線の距離感について)前半は本当によかったと思います。あそこで、もう1点を取る力が出てきたらいいですね、自分も含めて。前からは取れていたことが大きくて、そこからカウンターも出来ていたし、今週トレーニングでやってきたことが出来てた感じです」

●後藤圭太選手(岡山):
「ポジショニングも悪かったし、キーパーとのコミュニケーションも今ひとつだったと思います。1失点めに絡んでしまい、2失点めも自分のパスミスからの流れで取られてしまったので、簡単に奪われないようにしないと、失点に繋がる時は繋がってしまう。(ちょっと弛んだ時の失点でしたね)相手の出し手へのプレッシャーも甘くて、自分たちのラインも低く下がっていた。ラインを押し上げるか、追う位置を下げるかだと思うんですが、チームとして統一できない時間があった。失点後にタダシ(竹田忠嗣)が『追う位置を下げよう』と言ったんですが、もっといろんな人がいち早く気づいて統一できたらいいと思います」

●竹田忠嗣選手(岡山):
「(ゴールについて)セットプレーからの得点は去年に較べると増えていると思うし、それが結果として僕の決める順番だったかなと思います。失点に絡むプレーがあったので取り返したい思いと、どうしても今日は勝点3の欲しい試合だったので、そういう気持ちが出た結果、いいところにこぼれてきてくれた。新たなセットプレーの状態で入れたのでいい反応ができたと思います。前半はうちのゲームだったと思うし、後半取れるチャンスがあったので、これで負けると悔しいので、奏一(田中)が本当にいい時間帯に取ってくれたと思う。全員がもう一度前に出るパワーになったと思うし、あの同点弾がなかったら今日の勝点3はなかったと思います。(Q:サポーターに向けたゴールパフォーマンスは?)あれはアラちゃん(荒田智之)はいつもゴール決めるのに、パフォーマンスはダサイって話題になってて、ちょっと見本を見せてあげました」

●内村圭宏選手(札幌):
「前半は風の影響もあったと思うんですが、それにしてもひどかった。ボールを取った後、前に運べない。いつもなんですが取った後すぐに、持っている人以外がもうちょっといい方に運べると思うんですが、窮屈というか苦しい方に運んでいくところがあるので、もらう方も準備しないといけないんですが、それを全部奪われてしまった。(得点について)1点目は、砂さんが持ったらやっぱりドリブルする、テレと目が合って、テレがニアに入れ替わって、それは今週、テレと話し合って、そのまま入ると捕まるんで、クロスで入ろうと話していたら、試合でちゃんと目が合って、狙いどおり入れた。そしたらテレにマークがついて、その入り方はよかったと思います。3点目取れるところはあったと思うので、駄目押しで取らないとこういうことになると思いました。個人的になおしていくんですが、チームとしていい攻撃をもっとしていかないと、点が入るわけないので、質のいい攻撃の回数を増やさないと思います。

●砂川誠選手(札幌):
「(今回の交代で意識していた点)しっかりボールを引き出してあげること、ゴール前の回数をどうやって増やすかということを考えて、ボールにプレッシャーがいけてなかったので、そのスイッチ役と周りの選手をしっかり動かす、という当たり前のことを意識して入りました」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/13(日) 13:00 ♯1 アリアンツ・シュタディオン(オーストリア/ウィーン)