今日の試合速報

FNJ0823鳥栖vs神戸左
FNJ0801神戸vsG大阪右

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第22節 湘南 vs 甲府】レポート:勝負を決したのは鮮やかなミドル。後半ゴールをこじ開けた甲府が熱戦を制す。(13.08.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長い笛が明暗を分かつ。勝利した甲府には歓喜の、また安堵の色もあったかもしれない。敗れた湘南の選手たちはヒザに手をつきうなだれた。勝点1差の両者の戦いは、2−1で甲府が取った。

1−1の64分に大竹洋平が入って以降、攻撃のリズムが加速した湘南にとって、訪れた決定機がフォーカスされるのは無理からぬことかもしれない。それだけのビッグチャンスと言えたし、どんな慰みも中途半端になろう。大竹がグラウンダーのパスで相手の間隙を突き、高山薫がラインを巧みに抜け出して生まれた決定機は、しかし枠を捉えきれない。試合後、高山は責任を一身に背負い、それでも言葉少なながら取材に応じた。自覚のほどはその姿だけで十分に伝わってくる。十分だ。

ただし、肝となる場面はあるにせよ、勝負はワンシーンにのみ委ねられるものではない。「チームを忘れない」というキーワードが湘南にあるが、個々がこの日の高山のようにチームを忘れず責任を抱いても、チームは個々の責任に叱咤こそすれ依存すべきではない。

そもそも湘南は序盤、らしさが欠けていた。この表現はデリケートで、前々節の清水戦の前半のような、前へのエネルギーが足りないという意味とは違う。前への意識は攻守ともにそれぞれから伝わってきた。ただ、それがチームとしてかみ合わない。永木亮太はこう振り返っている。「守備に回ったときに自分たちの裏で前を向かれてしまうことが多かったし、前の3枚とボランチの距離もあまりよくなかった」。逆に甲府は湘南の齟齬を縫い、攻撃へと転じる。先制点はそうした展開のなかで生まれた。16分、コーナーキックの流れから福田健介がクロスと見せかけジウシーニョにパスを出し、クロスにパトリックが詰めた。パトリックが加入後初ゴールを決めたことは、甲府の今後にとって好材料となろう。

一方、振り返れば湘南は、甲府との前回対戦以来、すべての試合で先制点を奪われている。劣勢を追いつき、あるいは逆転してきた実績は培ったたくましさの裏返しと言えるが、先制を許している事実とは今後も向き合っていかなければなるまい。

実際、この日もすぐに追いついて見せた。遠藤航の縦パスから、一度はカットされて守備に回るも、ウェリントンがプレスバックで奪い返し、再び攻めに転じた先でフリーキックを得る。永木からのボールを甲府の山本英臣が競ったものの、クロスバーの跳ね返りを大野和成がヘッドで冷静に押し込んだ。26分のことだ。

後半に入り、湘南は島村毅の投入とともにセットプレーを含めた空中戦に対処しつつ、さらに大竹と梶川諒太が入り次の1点を目指す。チャンスはくだんのシーンだけにあらず、古林将太が裏を突き、ウェリントンもスルーパスからフィニッシュを狙う。大竹がときに選択したグラウンダーのパスは、前半から感じていたのかもしれない、甲府の最終ラインの空中戦の強さを踏まえてのものだったように映る。甲府が3ボランチにして中盤を厚くした終盤には、島村が大竹の長いボールにゴールを脅かすシーンをつくってもいる。

かたや甲府も攻勢に出る湘南の間隙を突く。スコアが甲府に動くのは82分のことだった。ワイドに展開し、右サイドを攻め上がった保坂一成のクロスをパトリックが落とす。「パトがいいボールを落としてくれたので、巻いて狙いました」そう振り返った福田健介の鮮やかなミドルにより、甲府が再び突き放す。勝負は決した。

攻撃においても守備においても、個々の特長を十二分に活かすチーム作りを行なってきて湘南のいまはある。裏を返せば個がシビアに浮かび上がるのは当然のことで、できないと指揮官が端から断じていたらいまはない。勝点を取れていたらうやむやに紛れてしまいそうなさまざまをシビアに教えてくれるのがJ1の舞台であり、だからこそ成長は促され、チームの、個々の次が明確にひらけていく。成長は今季そうして育まれてきたし、この日の敗戦もバネにしてこそ意義となる。来季もJ1でプレーする、そのために。

以上

2013.08.25 Reported by 隈元大吾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第24節
2019年8月24日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/08/21(水) 16:45 ワッキーさんがJリーグTVに遊びにきてくれました!【JリーグTV 2019年8月21日 前編】