今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第9節 大分 vs 富山】プレビュー:スタイルが明確なチーム同士の対戦。ポイントは決定率と結果へのこだわり(14.04.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大型連休のはじまりとともに連戦がスタートする。11日間で4試合をこなす過密日程の初戦は、開幕戦同様にチームに勢いをつけるためにも勝利がほしい。
今節対戦する大分と富山は開幕から低空飛行を続けているものの、試合内容に手応えを感じている。それ故に、この連戦で上昇気流のきっかけをつかみたいところだ。互いに監督の目指すスタイルが明確で、選手がそれを表現しているのが分かりやすいチームだ。試合を重ねるごとに連係がスムーズになってフィニッシュの形もできている。それは毎試合のシュート数の多さに現れている。両チームとも1試合でのシュート本数の平均は10本を越えている。ただ、得点数が大分6、富山3と、ともに決定率の低さが課題だ。

富山は、前節の千葉戦(△1−1)では、「がむしゃら」をテーマに掲げ、気迫と集中力を持続させて強敵を追い詰めた。今季初勝利には届かなかったが連敗を6で止めた。本来の少ないタッチ数のシンプルなパス回しに、ゴールへの気迫が加わった。中島翔哉がキレキレの突破で得点機に絡み、周囲も引っ張られるようにゴールに押し寄せた。白崎凌兵に体調不良で欠場した苔口卓也を加えた前線のトライアングルが形成されれば、大分のゴールに脅威を与えることだろう。また1トップを置く4−3−3にシステムを替え、守備が安定している。今季、最もいい状態で大分に乗り込むはずだ。

迎える大分は、前節の湘南戦(●0−4)で大敗。気持ちの切り替えに苦心するかに思えたが、「走り負けていなかったし、球際でも戦えた。得点差ほど力の差を感じていない」と為田大貴が話すように、ポジティブに結果を捉えている。田坂和昭監督も「良く戦っていた」と振り返り、「欠けていたのは勢い」と、今節は選手に「強引さ」を求める。
昨季の終盤から、コンパクトな陣形を保ち、小気味良くボールを動かし、魅力的なサッカーを垣間見せたチームだが、次第にそれがパスのためのパスとなった。攻撃はどんな形であれ得点が求められる。サッカーが採点競技でない以上、求められるのはゴールネットを揺らすことである。木村祐志は「シュートを打てる場面で打っていないし、距離も遠い」と課題を口にし、チェ・ジョンハンは「相手に脅威となるプレーをしたい」と意気込む。今節はこれまでにない積極的な展開が期待できそうだ。

両チームの共通点である「チャンスは作れていて、良い試合はできている。あとは決めるべき場面で決めること」が、この試合のポイントとなる。結果が全てとは言わないが、チームのスタイルやカラーは、勝利のためという前提を忘れてはならない。

以上

2014.04.25 Reported by 柚野真也
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ グループステージ
2019年1月17日(木)22:30 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/13(日) 13:00 ♯1 アリアンツ・シュタディオン(オーストリア/ウィーン)