今日の試合速報

JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン
JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン

J’s GOALニュース

一覧へ

【第94回天皇杯 2回戦 横浜FC vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント(14.07.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●安間貴義監督(富山):
「ナイトゲームにも関わらずこの球技場まで駆けつけていただき、彼らと勝利を分かち合うことが出来たことが何よりもうれしいですし、感謝しています。我々は、今降格圏内で難しい状況にいます。ミーティングでもそのことを確認しながら入りました。確かに過去、いろんなものが影響するのは感じていますし、何の力も無いことも感じています。ただ、この状況を変えるために、今現在を頑張ることを信条に明るい未来を作り上げていこうと今週やってきました。その中で、けが人も今多いですが、日々トレーニングしてきた選手が今日新しく出て、新しく出た選手を今まで出ていた選手がフォローしてこの1勝を得たことは後半戦に弾みをつける大事に試合にしなければいけないと思います。応援してくださる方々に前進する姿を後半戦の頭から見せていきたいと思います」

Q:リードしてからの進め方についてハーフタイムの指示は?
「いろんなことを想定して、4-4-2の両サイドに、3枚並べて2枚とか、5-4-1とかいろんなことを想定していたんですが、ハーフタイムの雰囲気を見たときにすごく未来の話をしているというか、すごく積極的な会話がなされていたので、だったら彼らの気持ちを妨げるのではなくて、今までやってきた通り最初から入ろうということを言いました。ただ、負けているチームなので、何らか出足など仕掛けてくるので、その変化には気づき対応しながらやっていこうと。その中で、エリアの角を取ってくる時のつぶし方と、両ボランチが横に入ってくるのを後ろが取るのかボランチが取るのかセンターが取るのか、やられてはいけないところの確認をして、それ以外はそのまま行かせました。ただ、意図的にカウンターも取れていたんですが、あそこで(点を)取れないのが課題です。ただ、それ以上に、新しく入った梅村選手が戻れないところを白崎が80m疾走したり、(ヤン)ヘジュンのカバーを中島翔哉が50m、60m走ってカバーしたり、最初の頃には見られなかった姿を見せてくれて、ゴール前で体を張って守る姿は頼もしく感じました」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第2節
2019年3月2日(土)15:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/23(土) 21:00 ゴール:広島vs清水 巧みな動き出しで最終ラインの裏に抜け出した北川 航也(清水)が後方からのスルーパスをゴール右隅に流し込み、アウェイの清水がエースの一撃でリードを奪う!【明治安田J1 第1節】