今日の試合速報

JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン
JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第24節 富山 vs 愛媛】試合終了後の各選手コメント(14.07.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●苔口卓也選手(富山)
「立ち上がりはどのチームも集中力を高めてくる。前節の反省をして臨んだがまた序盤に失点してしまった。サイドから狙い澄ました良いクロスが何本もあった。もっと決めなければいけない。そこが愛媛との差になった。これからの試合はトーナメント戦のつもりでもっと大事に戦わなければいけない」

●御厨貴文選手(富山)
「失点の仕方が幼稚すぎた。1点目にしてもシュートに至るまでが簡単にやられ過ぎている。(失点の多さについて)プレーを断片的に見ていけば答えは分かるかもしれないが、それだけが原因だとも思わない。(解決するには)できることをやるしかない。背伸びはいらない」

●白崎凌兵選手(富山)
「チャンスはつくれていても決め切れないのが今季ずっと抱えている課題。(得点まで)あと少しだが、そのちょっとが大きいし足りない。点を取れるようにするにはやるしかない。もっとシュートを打って練習する。この成績でもサポーターは諦めずに応援してくれる。その気持ちに応えたい」

●中島翔哉選手(富山)
「(前半のチャンスは)枠内に飛ばすことができれば入っていた。あそこは決めなくちゃいけなかった。(後半に1点止まりだったのは)なぜ点が入らなかったかは映像で振り返ってみないと分からない。個の力が足りないのだと思う。


●河原和寿選手(愛媛)
「(先制点は)触るだけのゴールだった。(三原)向平の特長がでた突破だったと思う。自分がどう動くかの場面で相手DFのポジショニングの隙を突けたと思う。前半から追加点は狙っていたが1本目のパスのミスなどがあってバタバタしてしまった。今日は内容的には負け試合だと思う。(少ない好機をものにできるのは)攻撃のスイッチが入った時を全員が感じとってスピードアップできるようになっているから。決めるところは練習から常に意識している。去年はそこが足りなくて成績を伸ばすことができなかったので。自分自身も練習でのシュート本数は増やしていて、フィーリングを大事にしている。今日のように内容は良くなくても勝ちが転がってくることはあるが勘違いせず、満足することなくやっていかなければいけない。プレーオフ圏内まで上がったうえで、そこでのタフなゲームでどれだけできるかが問われる。J1に上がってもすぐにJ2に戻ってくるようじゃダメ。続けるというよりも、積み上げていかなければいけないと思っている」

●堀米勇輝選手(愛媛)
「厳しい試合だったが勝点3をとることができてよかった。(2点目は)『入っちゃった』という感じ。でも、シュートの意識が高まっているから生まれた得点だと思う。前節はホームで悔しい負け方をした。次節の福岡戦では、サポーターのみなさんの前で勝てるようにしたい」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第2節
2019年3月2日(土)15:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/23(土) 21:00 ゴール:広島vs清水 巧みな動き出しで最終ラインの裏に抜け出した北川 航也(清水)が後方からのスルーパスをゴール右隅に流し込み、アウェイの清水がエースの一撃でリードを奪う!【明治安田J1 第1節】