今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第25節 横浜FC vs 富山】レポート:引き出しの差を見せた横浜FCが、後半戦4試合で4度目の「目先の1勝」を達成。(14.08.04)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜FCにとっても、富山にとっても順位を上げていくためには、目先の試合に集中して勝ち続けるしかない。その「目先の1勝」への集中力で上回った横浜FCが、3週間前に行われた天皇杯の敗戦のリベンジを達成。目先の目標を達成した。

試合は好調の横浜FCがその勢いを持ち込むかと思われたが、前半5分すぎからその流れもややスローダウン。7分から11分に掛けて、横浜FCの隙を突く形で、中島翔哉、苔口卓也、白崎凌兵が立て続けに4本シュートを放つ。ここまでは、富山の選手間の距離感も良く、こぼれ球を富山が拾う形が多かった。この状況に、横浜FCは選手同士の判断でポジションを変更。最初は「相手を5バックにする」意図で4-3-3でスタートしていたが、野崎陽介をパクソンホのサポート役として1.5列目に配置し4-2-3-1のような形にする。この変更で、中盤を制することができるようになると、「前半からボールは握られていたので、最後は割られない感じはありましたけれども、そのうち点を取られる感じはありました」(富山・秋本倫孝)というように、前節までの勢いは少し見られなかったが、横浜FCが押し込む展開となる。

後半に入ると、横浜FCがよりシンプルなプレ−、ダイレクトプレーを織り交ぜ、意図的に前掛かりにプッシュするようになる。そして、49分、そのプッシュが実る。「スローインで一度(プレーが)止まった時に足が止まった」(安間貴義監督)ところをパクソンホが見逃さず、秋本とのペナルティエリアでのボールへの競り合いに先に体を入れると、そのボールを野崎が左足でたたき込み先制に成功。パクソンホと野崎の近い距離感を生かし、横浜FCがゴール前での一瞬の集中力の差を見せつける。さらに58分、小池純輝のファーへのクロスを松下年宏がヘディングで合わせて追加点をゲット。松下年宏の横浜FC移籍後初ゴールは、この試合の雰囲気を決定づけた。富山も選手交代をしながら、2トップ気味に変更するなど活性化のための手を打ち、横浜FCのミスを誘い決定機も得るが、横浜FCの体を張った守備を割ることはできず。選手同士の話し合いによるポジションチェンジと、後半プレーをシンプルにすることで主導権を完全に掌握した引き出しの多さの差で、横浜FCが厳しい試合を制した。

横浜FCは、折り返し地点で山口素弘監督が「これからは覚悟を持って戦う。覚悟がない奴は早い夏休みを取って良い」と宣言してから強まった目先の勝点3への集中力が、チームへの好循環をもたらしている。試合後、選手は試合中の選手間での修正の効果を口をそろえて述べていたが、遅まきながらもピッチ上で戦えるチームとなってきている。相乗効果が発揮しやすいニッパツ三ツ沢球技場では、試合終了直前のスタンド全体からの手拍子は最高の雰囲気を醸し出していた。ただ、まだ17回、目先の試合が控えている。試合前にサポーターが掲出した「浮かれるな 今日は絶対 浮かれるな」の横断幕は、残りの試合でも肝に銘じるべき言葉だろう。

富山は、天皇杯での横浜FCに対する勝利を再現することができなかった。先制できればというもくろみの中で、中島翔哉を中心にゴール前に迫るシーンはあったが、中島が孤軍奮闘という形になることも多く、劣勢に立たされた時の立て直しを行うための引き出しを見せることができなかった。残留争いのライバルである讃岐が勝利したため、讃岐との勝点差は6となった。富山も目先の1勝を早く達成する必要が出てきた。

8月に入り暑い夏の戦いはこれからも続いていく。体力的に厳しい中、ぎりぎりの戦いで勝点3を得られるかどうか。特に混戦のJ2では大きな意味を持ってくる。その中で、しぶとく勝点3を得た横浜FCにとっては、勝ち方を含めて大きな意味のある勝利となった。

以上

2014.08.04 Reported by 松尾真一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/18(月) 12:58 J.LEAGUE開幕【明治安田生命Jリーグ】