今日の試合速報

2019開幕 J.LERAGUE ID プレミアムキャンペーン
2019開幕 J.LERAGUE ID プレミアムキャンペーン

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第21節 C大阪 vs 富山】レポート:前半だけで9人での戦いを強いられたC大阪。香川ら奮闘も、終了間際に力尽き、今季ホーム初黒星。富山は6試合ぶりの勝利!(09.06.15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月14日(日) 2009 J2リーグ戦 第21節
C大阪 2 - 3 富山 (14:04/長居/8,403人)
得点者:5' 石田英之(富山)、63' 舩津徹也(富山)、69' チアゴ(C大阪)、80' 黒木聖仁(C大阪)、89' 朝日大輔(富山)
スカパー!再放送 Ch185 6/15(月)15:00〜(解説:長谷川治久、実況:小澤昭博、リポーター:森田純史)
勝敗予想ゲーム
----------
 今季、ホームの長居では10戦8勝2分けと絶対的な強さを誇り、第2クールで主力不在のなかでも1勝2分けと負けなし。そして、香川真司、乾貴士、マルチネス、チアゴと、第1クールにチームを牽引した主軸が続々と復帰したC大阪。ここ5戦白星がなく、第2クールで負傷者続出中の富山が相手とあり、C大阪優勢が予想できた一戦だったが、キックオフ直後に、思わぬ展開が待っていた。

 時間にしてまだ1分も経っていなかった。富山DF濱野勇気のクリアボールが、ハーフウェイラインあたりまで押し上げていたC大阪DFラインの裏を突く。ちょうどC大阪DFチアゴがかぶった状態となり、これに富山FW石田英之が素早く反応。完全に抜け出すと、チアゴの後ろからの捨て身のタックルをかわした石田は、C大阪GKキム ジンヒョンにペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得する。

 得点機会阻止でキムは退場。開幕から20試合フルタイムをひとりで守り抜いた正GKを失う、まさかの事態となったC大阪。主将の羽田憲司を下げて、GK多田大介を投入する。ただ、突然の出番で、PKストップは少し酷というもの。結局、富山の石田にPKを落ち着いて決められ、C大阪はひとり少なく、かつ1点ビハインドからのスタートとなる。さらに40分、今度は焦りからか、前にプレスに行ったマルチネスがラフプレーでこの日2枚目の警告を受けて退場。C大阪はハーフタイム前から9人での戦いを強いられる。

 ただ、前半終了間際から、後半にかけて決定機を多く作ったのは2人少ないC大阪。「本当に相当素晴らしいフィジカルを持っている」と指揮官も試合後に絶賛していた香川と乾のコンビを中心に仕掛ける。しかし、富山GK中川を中心とした堅守の前にチャンスを活かせずにいると、63分、元C大阪の富山MF川崎健太郎のCKから、この試合で何度もCK時にファーサイドでフリーだった大阪府出身のDF舩津徹也に強烈なシュートを叩き込まれた。2点差を付けられ、C大阪はますます苦しくなる。

 それでもホームで諦めるわけにはいかないC大阪は、ここから猛反撃。69分に石神直哉の左FKから、香川の折り返しをチアゴが押し込んで1点差に詰め寄ると、その2分後には乾の鋭い突破が富山DF堤健吾の2枚目の警告を呼び込み、今度は9対10の戦いに持ち込む。74分に切り札の西澤明訓をピッチに送り込むと、80分、その西澤、そして香川のポストプレーからチャンスを作り、石神の左アーリークロスを黒木聖仁が相手DFに体をぶつけられながらゴールに結び付け、C大阪は執念で2-2の同点に追い付いた。その後、異様な盛り上がりを見せる長居スタジアムで勢い付くC大阪。勝ち越しを狙おうと攻め立て、乾、西澤に決定機が来るも、GK中川の再三のファインセーブの前にゴールが遠い。

 2-2で引き分けかと思われたこの試合、ドラマはまだ終わっていなかった。試合を決めたのは、C大阪ではなく、富山の7番、MF朝日大輔。9人で走り続け、前がかりになり、疲れの見えるC大阪の守備を見逃さず、89分、左サイドから中に切れ込んで右足シュート。これがC大阪DFに当たってコースが変わり、ゴール。土壇場でC大阪を3-2と突き放した富山は、アウェイで価値ある白星を獲得した。「最後の最後まで諦めず、選手たちは気力、頑張りを見せて、本当によくやってくれた。力を出し切ってくれた」と選手たちを称えた楚輪博監督。6試合ぶりの勝利、そして古巣からの金星に、満面の笑みを浮かべていた。

 一方、「決定力のなさと、自分たちが試合を壊してしまったという感じ」とうつむき加減に試合を振り返ったのは、C大阪の乾。気温28度、大阪独特の蒸し暑さのなか、17本のシュートを放ったが、2選手の退場が最後まで響いたのは誰の目にも明らかだった。そのなかで、香川が日本代表の証を見せるかのごとくピッチで異次元のプレーを見せてチームを牽引するなど、攻撃サッカーを最後まで貫いたC大阪。ただ、「あの(2-2の)時点でやっぱり勝点1を取りに行きながらの勝点3を取りに行くという気持ちに切り替えなきゃいけなかったかなと思う」と石神がコメントするように、昨シーズンは勝点1に泣いただけに、劣勢のなかで勝点を取れなかったことは痛かった。これで今季ホーム初黒星。次節はキム、マルチネスが出場停止となったなかで、好調の鳥栖とのアウェイ戦が待っている。J1復帰が今季のノルマであるC大阪は、これから本当の試練を迎える。

以上

2009.06.15 Reported by 前田敏勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

代表親善試合
2019年3月22日(金)19:20 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/03/22(金) 13:50 ゴールパフォーマンス 何をやったらイエローカード? 【Jリーグジャッジリプレイ2019 #4-2】