今日の試合速報

ACL準準決勝 8/23(水)川崎F vs 浦和 @等々力 スカイスクレイパー 左
ACL準準決勝 8/23(水)川崎F vs 浦和 @等々力 スカイスクレイパー 右

J’s GOALニュース

一覧へ

【レッツゴー!ACL】アウェイへ行こう!日本から開催都市までのアクセス/5月のタイ・ムアントン編(13.04.26)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
◆SCGムアントン・ユナイテッドのスタジアムについて
SCGムアントン・ユナイテッドのホームスタジアムである“SCG Stadium”(ACLではネーミングライツが使用出来ないため“Thunderdome Stadium/サンダードーム・スタジアム”として開催)はバンコク北郊のパトゥムタニ−県ムアントンタニーに位置し、バンコク市内から車で約20分〜30分程で行ける距離にある。クラブカラーの赤で統一されたサッカー専用スタジアムは収容人数約20,000人とやや小ぶりだが、ピッチが非常に近く選手の息づかいまでが聞こえるほど臨場感はたっぷりだ。エリアは大きく分けて[メイン・スタンド(E)]、[バック・スタンド(W)]、[バック・スタンド2階(WF)]、[ゴール裏(S)]、[ゴール裏(N)] の5つ。通常のリーグ戦では[バック・スタンド(W9〜10)]がアウェイ・サポーター用に割り当てられている(ACLの試合ではW8〜10)。“オフィシャル・ショップ”はスタジアムの東側・西側と2ヶ所にあり、レプリカユニフォームやタオルマフラーなどのグッズを買い求めるファンで賑わっている。“プレス受付”や“VIP専用ゲート”はスタジアム東側になる。タイのスタジアムも日本と同様にスタジアム内へのペットボトル・瓶・缶類の持ち込みは禁止されており、発炎筒や爆竹などの危険物の持ち込みも禁止されている。入場の際にカバンの中まで厳重にチェックされるので注意したい。

〜スタジアム・シート〜
http://tpljp.net/wp-content/uploads/2013/03/SCG-Stadium-seat.gif

◆バンコク市内からスタジアムまでのアクセス方法
バンコク市内から“SCG スタジアム”への一般的なアクセスは、マイカー利用者以外はBTSモーチット駅からのシャトルバス、もしくはタクシーなどを使って行く方法になります。バンコク市内からは高速道路を使い約30〜40分ほどでスタジアムへ行くことが出来ます。
[車・タクシー]
バンコク市内より高速道路(Udon Ratthaya Expressway)をジェーンワッタナー・バンパイン方面へ北上。“ジェーンワッタナー”で降り、ジェーンワッタナー通りをラクシー(Laksi)方面へ進み、すぐにある(Soi Parkkred 39)を左折し直進。2つ目の交差点を右折するとスタジアム正面(Novotel側)へ出ます。駐車場はスタジアム北・東側に入口ある。
バンコク市内からタクシーの場合、高速代込で約200〜250バーツ(約500〜650円/片道)ほど。“サンダードーム・スタジアム”はACL規定の都合上使用している呼称なので“サンダードーム・スタジアム”と言ってもタイ人は理解しません。“ムアントンタニーのSCGスタジアム”もしくは“インパクト・ムアントンタニー側のサッカー場”などと言って行き先を伝えます。

[シャトルバス]
BTSモーチット駅付近よりシャトルバス“Impact Link”が20〜30分間隔で運航しています。(営業6:00〜22:00)
BTSチャトゥチャック駅4番出口、BTS車庫側にある駐車場に乗り場はあります。運賃は1人30バーツ(約80円/片道)で、乗車時間は道路状況にもよりますが約30〜40分。インパクト・アリーナの“チャレンジャーホール”と“エキシビジョンセンター”の連絡通路付近の“フードアトリウム前”で降車し、Novotel Hotel方面へ2分ほど歩いて行くとスタジアムが見えてきます。ほとんどの場合バスチケットは購入する必要はなく、車内で係員が徴収します。復路のBTSモーチット駅行きも同じ場所からの乗車になります。
<Impact Link HP>
http://www.impact.co.th/newspaper/292009/impactlink_paper.htm

[路線バス]
戦勝記念塔より166番乗車→インパクト・ムアントンタニー下車
※ジェーンワッタナーで止まるバスもあるので行き先に注意。(行き先はタイ語表記なので、乗車時に車掌に確認すると良いでしょう)

[ロットゥー(乗合バン)]
戦勝記念塔付近ต.86番、ラムカムヘン、サナムルアン、ランシットより乗車→インパクト・ムアントンタニー下車

[車のチャーター]
現地旅行代理店にて車をチャーターする方法で、バンコク市内からスタジアムまでの移動時間は道路状況にもよりますが約30〜40分。滞在先などからスタジアムまでダイレクトに行く事ができ、出発時間や復路のアレンジも可能。タクシーなど捕まえにくい帰路を心配する必要がないのが最大のメリット。(※料金等は各旅行会社にお問い合わせください)

注意したいのが試合終了後の“足”です。
マイカー、チャーター車利用以外のファンは、インパクト・アリーナまで歩き“Impact Link”やロットゥー(乗合バン)を利用する方法、タクシーを利用する方法とありますが、スタジアム周辺にタクシーは走っていますが数も少なく競争が激しいので、タクシーを捕まえる作業は困難を極めます。そこで、タクシーを捕まえる裏技としてバイクタクシーを利用してジェーンワッタナー通りまで出て、そこでタクシーを捕まえるという方法もあります。スタジアム周辺からジェーンワッタナー通りまでは30〜40バーツになります。ラクシー方面に向かうタクシーは少なく競争率も高いので、バンコク市内に戻る場合は歩道橋を使って道路を渡ってから捕まえる方が良いでしょう(高速代は少しかかりますがその方が便利です)。

◆スタジアムの詳細情報やアクセス方法については下記サイトに詳しく掲載されておりますので是非ご覧ください。
Samurai x TPL http://tpljp.net/?page_id=17117

Reported by Samurai x TPL Yuji Hamasaki
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
8月26日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2017/08/21(月) 13:57 尾崎 瑛一郎(沼津)【試合後インタビュー:明治安田J3 第19節 沼津vs鳥取】