今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

オフィシャルニュース

一覧へ

【ヤマザキナビスコカップ 横浜FM vs 札幌】レポート:札幌がカウンター2発で今季初勝利! 横浜FMは後半優勢も追い上げ切れず(12.04.05)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今季公式戦未勝利チーム同士の対戦となった一戦は、コンサドーレ札幌に軍配が上がる。これで横浜F・マリノスは、J1の20クラブ中、唯一白星のないクラブとなってしまった。

試合は、両チームともに主力を温存、若手主体のメンバー構成で臨んだ。今後に向けての「アピールの場」的な意味合いの強いゲームだったと言えるだろう。
立ち上がりから、横浜FMは齋藤学の威勢がいい。キレ味抜群のドリブルとクロスで、序盤から左サイドをえぐりにかかる。ただし、彼以外の選手に関しては、スイッチの入りが遅い。それは公式戦初先発の選手が多かった影響が少なからずあっただろう。「前半は良くなかったというか、全体的にフワッとした感じだった」(小椋祥平)。

それを札幌のベテランFWは見逃さない。開始6分、相手DFが転倒し、ボールコントロールを誤ると、すぐさま大島秀夫がカット。そのままゴールへ突き進み、GKと1対1の場面で冷静に枠内へ流し込んだ。大島は、ゴール以外にも攻撃の起点になる。前線での落ち着いたポストプレーが冴え、それに呼応して周りの選手がオーバーラップを仕掛ける。そんな攻めの図面が札幌にはあった。
2点目も大島から。45+2分のカウンター、大島のパスを受けた日高拓磨が左サイドを独走して左クロス。中へ走り込んだ榊翔太が、胸トラップからのヘディングで決めた。榊は、うれしいプロ初得点だ。

一方、横浜FMは、1トップに起用された小野裕二も徐々にボールをもらいに下がり出す。そのため、“0トップ”になる傾向が強く、前線でボールが収まらず、個人技頼りの淡泊な攻撃が増える。
そこで後半のスタート時から、横浜FMは齋藤、小野の2トップへ変更。サイドハーフには、交代出場の松本翔、兵藤慎剛が入る。慣れ親しむシステムに戻したことと、「後半の最初から球際の気迫が出た」(小椋)ことが、横浜FMペースを生む。後半だけのシュート数は11対1と圧倒し、札幌ゴールを攻め立てた。68分、齋藤がドリブルで相手DF3人程を引きつけてから出したパスを、ゴール正面の松本翔が振り抜き、プロ初得点。そのまま、あと1点を追った。

だが、終盤75分を過ぎると、札幌の意識のベクトルが守備へ大きく傾き出す。ファーストディフェンダーから始まる連動した守りと最終ラインの粘りを披露。そして、同点弾を許さず、今季公式戦初白星をもぎ取った。札幌ゴール裏には、「自信を持って突き進め!! 壁を乗り越えて勝利を掴もう!!」という横断幕が張られていたが、その通り。この試合で得た「自信」を携え、今度はリーグ戦の初勝利へ繋げたい。

一方、横浜FMのゴール裏からは、前半終了後こそブーイングも聞こえたが、試合終了後には拍手と声援だけが響いた。それは、後半の選手たちのファイティング・スピリットが伝わったということだろうか。「未勝利」がもたらす閉塞感を打破するためのヒントも、後半の戦いぶりにありそうだ。また齋藤に続く、若手の覚醒の必要性も感じた試合だった。

以上

2012.04.05 Reported by 小林智明(インサイド)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/19(火) 13:58 J初心者必見!あの人が2019シーズンの明治安田J1リーグの見どころを紹介!今シーズンはどこが優勝するのか?!