今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

オフィシャルニュース

一覧へ

【J1:第23節 G大阪 vs 札幌】試合終了後の各選手コメント(12.08.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●レアンドロ選手(G大阪)
「(Q:ハットトリックの感想を)
気持ちを表す言葉を選ぶのがとても難しい。なかなか悪い状態から抜け出せなかった中で、サポーターはいつも僕たちを変わらずに応援し続けてくれた。それがあっての今日のゴールだと思っている。ハットトリックももちろんうれしいが、それ以上にそうしてサポーターが応援し続けてくれたことに感謝している。3点のうち1点目のゴールは特に難しいゴールだった。厳しい体勢からのボレーシュートだったが、バランスを崩さずに決めることができた。
(Q:2連勝ですね)
2試合連続して大量得点を挙げられたことは我々にとって自信になるが、まだまだリーグ戦は終わった訳ではない。我々はまだまだ厳しい状況にあるということを忘れず、また明日から次の試合に向かってしっかりみんなで準備していきたい。
(Q:今後マークが厳しくなっていくことが予想されるが、得点できる自信は?)
ガンバには素晴らしい選手がたくさんいる。私へのマークが厳しくなったとしても、他に獲ってくれる選手はたくさんいるので、この流れは途切れるものではないと思っています」

●佐藤晃大選手(G大阪)
「(Q:ゴールシーンについて)
シュウ(倉田)がボールを持った瞬間、顔を上げたら目が合った。いいボールをくれたので決めるだけでした。
(Q:普段から仲が良い倉田選手のアシスト、多いですね)
そうですね。狙っている訳ではないんですけど、なぜかシュウのアシストが多いですね。感謝しています。
(Q:立ち上がりから攻め続けた中での待望の先制ゴールでした)
チャンスをどれだけ作っていても、入らなければ嫌な感じになっていくんですけど、そこで決められてよかったです。その後すぐに返されたのは反省すべきところですけど。また僕自身は1点に止まりましたが、僕だけでも5点くらいは決められるチャンスがあったし、それを決めていたらもっと楽な展開で進められた。そこはもっと決定力を上げなければいけない。
(Q:後半も2点のリードを奪っていたとはいえ、集中力の感じられる立ち上がりでした。仕切り直しという共通理解を持てての後半だったのでしょうか)
そうですね。ハーフタイムにまた前半のような入り方をしようという話はしていたし、後半に先に1点を獲られて1点差に詰め寄られるようなことがあったら、またどういう展開になるかわからないということもあって、そこは気持ちを引き締め直して入りました。それがこっちのゴールに繋がったんだと思います。
(Q:その後半立ち上がりのレアンドロのゴールでは、ニアでしっかり潰れてコースを作りました)
練習でもああいうシーンは何度もやっていたので、僕がニアでしっかり潰れていれば後ろからレアンドロが絶対に入って来ているとわかっていた。練習どおりでした。
(Q:勝点で並んでいますが降格圏を脱出しました)
まだ混戦ですから。全く油断できないけれど、こういう試合を続けていれば下を見るのではなく、上も見えてくる。これを続けて行きたいと思います」

●倉田秋選手(G大阪)
「今日は相手も引いていたので、ドリブルでつっかけるよりもパスで崩したほうが有効だと思っていました。シュートを決めたかったですね。でも周りとのコンビネーションも良くなって来ているし、シュートの形も多く作れているので、自分を抑えながらやっていました(笑)。今日はボールも早く動いたし、パスで回しまくっていたのでやっていてもすごく楽しかった」

●藤春廣輝選手(G大阪)
「前線が点を獲ってくれる分、守備は気持ち的にも安定して楽に守れている。
(Q:チームとしての4点目。左からのクロスではニアで佐藤が潰れ、レアンドロが決めました)
あそこは練習からやっていたところで、ニアに佐藤くんが突っ込んで来てくれたら必ず後ろからレアンドロが来ているのはわかっていた。そこを信じて合わせました。練習どおりの理想のゴールでした。
(Q:チームの好調の理由は?)
やることは変わっていないけれど、一人ひとりが90分走り切るということをしっかりやっている。その意識によって、最近はそんなに簡単にやられることなく落ち着いた守備からいい攻撃に繋げられていると思います」

●日高拓磨選手(札幌)
「(Q:ゴールシーンについて)
いいタイミングでいいところに飛び出せました。ただそれ以外はほとんど守備しかしていない。7失点は情けない。自分が得点したのも忘れていたくらい、やられてしまったことに対する悔しさの方が大きい。途中からシステムが変わった中での失点もあったので、そこはまた選手同士でしっかり話をして次に向かいたい」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/13(日) 13:00 ♯1 アリアンツ・シュタディオン(オーストリア/ウィーン)