今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

オフィシャルニュース

一覧へ

【J2:第26節 札幌 vs 鳥取】試合終了後の各選手コメント(13.07.27)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●荒野拓馬選手(札幌):
「2−0のスコアの状況で投入されたが、2点差というのは危ない点差でもあると思っていたので、自分が入って攻撃でアクションを起こせるようにしたかった。得点の場面はシンヤさん(上原慎也)からいいボールが来たので、うまく決めることができた。チームとしてもいい形で攻撃ができていたと思うので、これを継続していけるように次の試合に向けてまた準備していきたい」

●杉山哲選手(札幌):
「攻撃陣がいい時間帯に得点を取ってくれたのが、今日は本当に大きかったと思う。守備陣は集中を切らなさいことだけを考えてやっていた。90分を通していい守備ができていたと思う。無失点でしのげば負けることはないので、今後もいい守備を持続してやっていきたい」

●上原慎也選手(札幌):
「アシストの場面は、逆サイドに(荒野)拓馬がいるのが見えたので、『ここだ!』と思って仕掛けていった。逆サイドの(日高)タクマくんが前半からいい突破をしていたので、自分も積極的にいこうと思った。今後も攻撃参加から得点に絡めるように、アグレッシブにプレーしていきたい」

●日高拓磨選手(札幌):
「2点目のアシストは完全に狙い通り。相手はスリーバックなので、スペースを突く動きをドンドンやっていこうと思った。ここ最近は中の選手の動きが良くなっているので、サイドからのクロスの質が良ければ得点を増やすことができると思っていたし、今後も意識してサイドからいい攻撃をしていきたい」

●三上陽輔選手(札幌):
「前半はちょっとバタバタしてしまったが、内村さんや前田くんと話し合いながらやっていったことで、徐々に良くなっていった。先制点は本当にいいところにパスが来たので、自分は押し込むだけだった。今日は右サイドで先発したが、いろんなポジションをこなせたほうが試合に使ってもらいやすいし、そこが自分の良さだとも思っている。どのポジションでも高いクオリティを出せるように、練習を続けていきたい」


●尾崎瑛一郎選手(鳥取):
「前半はいい形で戦えている時間帯もあったので、そこで決定的なチャンスを作りたかった。前半の終わりごろと、後半立ち上がりという悪い時間に失点したことが響いたと思う。相手に余裕を与えてしまった。今日の試合から収穫を見つけるのはなかなか難しいが、新しい選手がチームの戦術をより知ることができたという部分は、今後の試合につなげていかなければいけない」

●森英次郎選手(鳥取):
「前半は前から守備に行けていたので、試合の入り方のところは悪くなかったと思う。ただ、ボールを奪ってからの失い方などが悪く、やられてはいけない時間帯に失点してしまった。そこはもったいない部分だと思うので、しっかりと修正して、気持ちも切り替えて次の試合に向けて準備をしていきたい」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/17(日) 10:20 新加入レアンドロ ダミアンが決勝弾! 川崎Fが浦和を下し、初優勝!【ハイライト:FUJI XEROX SUPER CUP 2019 川崎Fvs浦和】