今日の試合速報

プレスリリース

一覧へ

2004/06/28 09:30

【2004JOMOオールスターサッカー】出場監督・選手発表会見でのコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月28日(月)、都内のホテルにて「2004JOMOオールスターサッカー 出場監督・選手発表会見」を行いました。会見でのコメントは以下のとおりです。

●Jリーグ 鈴木昌チェアマン
「昨日、新潟で講演がありましたが、現地での『JOMOオールスターサッカー』の人気はすばらしいものがありました。講演の中で『来週はJOMOオールスターサッカーがございます』と話しますと、聴衆の中から拍手をいただき、大変驚きました。株式会社ジャパンエナジーの特別協賛を得て、人気も盛り上がりも右肩上がりとなり、今年はチケットが発売から30分で完売となり、サポーター投票も過去最多の235万票をいただいたと聞いております。この大会がイベントとして成長し、盛んになってきたことを大変感謝しております。
出場選手の顔ぶれを見ますと、アテネオリンピック世代の若い選手がたくさん入っています。いわゆる専門家が選ぶメンバーとは少し違うかとは思いますが、これがファン・サポーターの皆様から見た『見たい選手』なのだということで、選考いたしました。
新潟は、ここ数年たくさんのファン・サポーターを集め、Jリーグを盛り上げたチームです。新潟のメディアの方からは「なぜホームで勝てないのか、1stステージで3勝しかできないのか」と聞かれましたが「それでも毎試合4万人の方の思いがこもっているチーム」だと思います。株式会社ジャパンエナジーを始め、今年もたくさんの協賛を得てこの大会を開催できますことを大変幸せに思います。ありがとうございました」

●特別協賛 株式会社ジャパンエナジー 高萩光紀代表取締役社長
「株式会社ジャパンエナジーがオールスターサッカーの特別協賛をさせていただくようになって、今年で3年目になります。新潟スタジアムビッグスワンで開催する今年は、折しもアルビレックス新潟がJ1に昇格し、現地でのオールスターサッカーの人気もすばらしいと聞いて、大変喜んでおります。
株式会社ジャパンエナジーは1994年からオフィシャルスポンサーとしてJリーグを応援しており、今年で10年目になります。この間、サッカー人気は毎年高まりを見せています。今年はアテネオリンピックが控え、ワールドカップのアジア予選も始まり、サッカー熱がますますヒートアップしている中での開催となります。選ばれた選手たちがどんなプレーを見せてくれるのか、ファンの一人として非常に楽しみにしています。サッカーがますます盛んになり、世界でもっともっと強くなり、日本のサッカー人気がますます上昇することを期待しております。
新潟での試合で、日本のスター選手たちが我々を感動させてくださることに心から期待して、ごあいさつにさせていただきます」

●J-EAST 反町康治監督(新潟)
「新潟で行われるということからか、新しいもの好きの方が多かったのか、チームとしては下位にいるアルビレックス新潟からたくさんの投票を集めて、今日ここでごあいさつすることになりました。選ばれたからにはいいゲームをして勝ちたいと思います」

●J-EAST・MF、キャプテン 阿部勇樹選手(市原)
「ふだんは敵同士で戦う選手たちが、2つのチームに分かれて戦う大会ですので、楽しみながら勝負にはこだわって勝ちにいきたいと思います」

●J-EAST・GK 野澤洋輔選手(新潟)
「たくさんの投票をいただき、心から感謝しています。地元のビッグスワンでできるので、ぜひ頑張りたいと思います。ここに立てるのも、新潟のサポーターのみなさんのおかげです。J1に昇格する際にも心から喜んでくれていたと思いますので、今回は新潟を代表するつもりで思い切りプレーしたいと思います。ここにくるまでJOMOオールスターサッカー選ばれたという実感がありませんでしたが、メンバーの顔ぶれとストッキングの伸びの良さを見て実感しています」

●J-EAST・FW 田中達也選手(浦和)
「なぜ僕がサポーター投票の1位になれたのかはわかりませんが、投票してくれた方のためにも精一杯頑張ります。(J-EASTにはアテネオリンピック世代が、J-WESTにはA代表世代が多いので、対決という見方もありますが?)サッカーの祭典として楽しみながら試合をしたいです」

●J-WEST 西野 朗監督(G大阪)
「最初に自分から言ってしまいますが、選出は6回目となり、たいへん光栄に思っております。しかし成績は5連敗です。今回はぜひ勝ちたいと思っています。先週のJ1リーグ戦最終節を、新潟スタジアムで大勝させてもらいました。いいイメージを持っていますので、今週もぜひ勝ちたい。いい選手がたくさん揃っていますので、それをいい形で融合させて勝負にこだわっていきたいと思います」

●J-WEST・DF、キャプテン 宮本恒靖選手(G大阪)
「負け続けている西野監督をぜひ喜ばせてあげられるようにしたい。アテネオリンピックの世代、僕たちの世代、そしてカズ(三浦知良)さんやゴン(中山雅史)さんの世代といろいろな世代の選手がいますが、一緒に力を合わせて監督に勝利をプレゼントしたいと思います」

●J-WEST・MF 森崎浩司選手(広島)
「ファンの方に感謝しています。(辞退した兄・森崎和幸選手から、言葉はありましたか?)特にはないですけれど、頑張ってこいと言われました」

●J-WEST・FW 大久保嘉人選手(C大阪)
「昨年はキャプテンということもあって、空回りして自分のプレーができませんでした。今年はもっと楽しくサッカーをやりたいと思います。ベテランの選手たちは経験もあって、楽しい雰囲気でできると思うので、それについていきたいと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

天皇杯 ラウンド16
2019年9月18日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ