今日の試合速報

ホームタウン活動

一覧へ
sapporo

2007/04/28

ファミリーJoinデイズ開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前日までの寒さから一転し、晴天に恵まれた暖かな日差しの下、札幌ドームには、Jリーグ百年構想メッセンジャーの城彰二さんとMr.ピッチが登場しました。

城さんは、午前中から札幌ドームのサブグラウンドで行われた、「サッカー教室&ボール遊び」に参加し、約250人の親子づれの皆さんともに、サッカーゲームなどを楽しみました。城さんの「サッカーで大切なことは楽しむこと。初めて一緒になるチームメイトでもお互い声をかけあうことが大事」という挨拶の後、グラウンドの上ではお父さんやお母さん、子供たちが元気にゲームを楽しみました。

札幌市から訪れた、江本秀太郎さん、秀蔵くん(4才)親子も、城さんと一緒にミニゲームに参加。シーズンシートを購入してコンサドーレを応援しているという江本さんは「前節のマッチデープログラムでファミリーJoinデイズのイベントを知った。いつもは試合を応援するばかりだが、今日は子供と一緒にボールを蹴って、とても楽しかった」と話しました。

札幌ドームではこの他にも様々なファミリーJoinデイズのイベントが開催されました。ピッチ上では、試合前に地元の少年団が参加しサッカーゲームを実施。また、「親子でピッチ見学隊&チームバスに乗車」では、参加者がスタジアムに到着した選手バスを出迎え、その後、実際に同じ選手バスに乗車して札幌ドームの敷地内をまわりました。参加した親子連れの皆さんは、監督や憧れの選手の席に座り、選手になった気分で窓の外のお客さんに手を振るなど、楽しみました。その後はスタジアム内のロッカールームを見学。試合前で並べられた出場選手のユニフォームを見るなど普段は見られない貴重な体験に目を輝かせていました。

Mr.ピッチも、城さんと一緒に、スタジアムに登場。コンサドールズの皆さんと一緒にダンスを披露したり、一緒にファミリーJoinデイズを楽しみました。
城さんは、「お父さんが子供たちに負けないように、また子供たちもお父さんに負けないように一生懸命走っている姿が印象的だった。外で遊ぶ子供たちが減っていたり、家族でコミュニケーションをとることが難しくなってきているが、親子や家族でスポーツをする楽しさを体験してもらえたのではないか」と話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

代表親善試合
2022年9月27日(火)20:55 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ