今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

ホームタウン活動

一覧へ
kobe

2007/11/10

大学生健康スポーツDay ドッジボールチャレンジ2007

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッジボール。小学生の頃、だれもが休み時間に遊んでいたボールゲーム。中学生以上になると、なかなか楽しむ機会のない、このドッジボールを、大学生が笑顔で、楽しく、かつ真剣にプレーするイベント、ヴィッセル神戸「大学生健康スポーツDay ドッジボールチャレンジ2007」が、11月10日、ホームズスタジアム神戸の多目的広場で開催されました。

これはヴィッセル神戸スポーツビジネスカレッジの大学生が中心となって企画、運営を行い実現したもの。「サッカーと似ていて、ボールひとつででき、男女問わず、だれもがやったことのある楽しめるスポーツ」(大会統括の吉田健氏・立命館大)ということでドッジボールに白羽の矢が立ち、「アンケートを取ったときに一番ヴィッセル神戸の試合観戦に来ていない層が大学生だった。自分たちも大学生だし、一度試合を見てもらうきっかけづくりにしたかった」(吉田氏)ため、Jリーグでは珍しい大学生をターゲットにしたイベントとなりました。

当日は快晴で、11月にしては暑いくらいの絶好のスポーツ日和に。J1リーグ戦第31節ヴィッセル神戸vsヴァンフォーレ甲府がキックオフされる6時間前の午前10時には、メインのドッジボール大会に参加する関西14大学の男女約160人が集結しました。開会式のあと、早速行われた試合では、大学生が童心に戻ったかのようにいきいきとプレー。ただし、兵庫県ドッジボール協会審判員を招聘した本格的な試合となったため、ほとんどが小学生以来のドッジボールのプレーだったこともあり、まずはルールの壁に悪戦苦闘。たとえば、投げたボールが相手に命中したかと思えば、「オーバーラインッ!」のコール。投球時にラインを踏んだり越えたりするとファールのため、「やった!」と思ったときにノーカウントとなり、コート内には頭を抱える姿と、爆笑の渦が沸き起こりました。

それでも、さすがは飲み込みの早い大学生。審判員からの説明を受けながら試合を重ねるごとにルールにも慣れると、終盤にはチーム内の連係プレーも見られ、ボールスピードも速いことで、熱戦がいくつも繰り広げられました。また、大会では男子単独チーム、男女混合チーム、女子単独チームが、まったく同じピッチで戦うことに。さすがに実力では男子単独チームに軍配が上がりましたが、女子学生も大健闘! なかには、男子学生のスピードボールを正面からがっちり受け止め、逆にボールをぶつけていた女の子もいて、会場にはどよめきと黄色い歓声が響き渡りました。ちなみに決勝では、「関西選抜」がその名のとおり、地力の差を見せ付けて、野球部とサッカー部の連合軍「チームホルモン」に圧勝し、初代王者に輝きました。また、大会MVPは「CLOVER」の多木誠人さんでした。

一方、このイベントでは、ドッジボール大会のほかに、ストレッチ・マッサージ講座や、栄養講座のブース、そして各種ドッジボールゲームコーナーなども併設。ドッジボールで疲れた体をマッサージしてもらったり、スピードガンコンテストに果敢に挑んだりする姿が見られるなど、大会とは違った和やかなムードも流れていました。また、大学生だけではなく試合観戦客も一緒になって楽しめる形となっていたこともあり、また新たな交流も生まれていました。

全イベント終了後、「初めてこういうイベントに参加したけれど、楽しかった! またやりたい!」、「小学生時代を思い出しました。今回は記録よりも記憶に残るプレーになったけど(笑)、次は絶対優勝するぞ!」など、参加者の大学生からも大好評だった「大学生健康スポーツDay ドッジボールチャレンジ2007」。閉会式後の記念撮影で、参加者、関係者全員が笑顔あふれる表情を見せながら、そのすぐ後にキックオフするヴィッセル神戸対ヴァンフォーレ甲府戦を観戦するためにスタジアム内に向かう姿が印象的でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第34節
2019年12月7日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ