今日の試合速報

Jリーグオリジナルネックウォーマーを合計100名様にプレゼント!
Jリーグオリジナルネックウォーマーを合計100名様にプレゼント!

ホームタウン活動

一覧へ
yokohamafm

2009/06/14

日産スタジアムpresents 横浜F・マリノス選手会サッカー教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日産スタジアムpresents 横浜F・マリノス選手会サッカー教室」が、6月14日(日)に開かれました。昨年、初の試みとしてマリノスタウンで開催され、大好評だった選手会主催によるサッカー教室が、今年はスケールアップし、日産スタジアムで行われました。

今回は、小学6年生を対象に100名が参加。4つのグループに分かれ、それぞれのグループに選手たちが振り分けられました。進行役を務めたのは選手会長の松田直樹選手です。開会式では、「短い時間だけど、みんなで楽しもう。そして、もっとF・マリノスを好きになってください!」と挨拶。そしてサッカー教室のスタートです。

最初に行われたのは質問コーナー。グループごとに芝生の上に座り、子どもたちからの質問に選手が答えてくれるというもので、「守備がうまくなるにはどうすればいいですか?」という質問には、松田選手が「技術じゃなくて“気持ち”が大事。相手に抜かれても、次に取り返してやろうと思わないとダメ」と、熱心に答えていました。ただ、子どもたちはプロ選手を目の前にして、まだどこか緊張気味。それが、遊びの要素を取り入れたウォーミングアップやシュート練習で、ほぐされていきます。

ウォーミングアップでは、3個のボールを腕に抱えて運ぶリレーなど多彩なメニューをこなします。なかには走る際にわざと転ぶなどして、子どもたちの笑いを誘う選手もいました。シュート練習では、Jリーグ選手からのパスをシュートできるという貴重な体験も。ゴールが決まれば選手が「ナイスシュート!」と盛り上げてくれるのだから、喜びも倍増です。
最後はグループ対抗のミニゲーム。狩野健太選手が絶妙なクロスでアシストするという好プレーもあれば、兵藤慎剛選手がコミカルな動きでドリブルするなど、珍プレーも続出。子どもたちはプロの凄さに目を輝かせながら、必死にボールを追いました。

そして約2時間のイベントが終了。参加した小島貴之君は、「選手と一緒に試合ができて楽しかった。選手が話しかけてくれて面白かったです!」と満足そう。貴之くんのお父さん、遼大さんも「思った以上に選手がフレンドリーに子どもたちと接してくれて、感動しましたよ」と目を細めていました。選手が積極的に子どもたちに声をかけて交流を図ることで、この企画は大成功に終わりました。坂田大輔選手は、こう言います。
「自分も昔、釜本(邦茂)さんのサッカー教室に参加して、うれしかったのを覚えています。だから気軽に話しかけました。こういうイベントは子どもたちの夢につながるし、これからも続けていきたいです」

この素晴らしい企画が今後も継続されることを期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

代表親善試合
2019年11月19日(火)19:25 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ