今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

ホームタウン活動

一覧へ
fukuoka

2009/07/04

「アビ芝プロジェクト」キックオフセレモニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月4日(土)に「アビ芝プロジェクト」のキッオフセレモニーが福岡県糟屋郡宇美町の博多第二幼稚園で行われました。この日はイベント開催に相応しく良いお天気。セレモニー開始時間の1時間前からたくさんの参加する親子や、地域の方々、報道陣が集まり、早くも幼稚園のグラウンドは賑やかな雰囲気となりました。

この「アビ芝プロジェクト」とはアビスパ福岡と学校(小学校、幼稚園、保育園)と地域が一体となって行う校庭、園庭芝生化プロジェクトで、子どもたちがより積極的に外で遊ぶ環境を整備し、子どもたちの体力、および社会性の向上、さらには子どもたちを取り巻く地域社会のコミュニティの活性化を図るのが目的としています。

アビスパ福岡が6月1日(月)より小学校2校、幼稚園・保育園3園を目標に募集をかけ、記念すべき第一回目に手を上げてくれたのが、博多第二幼稚園でした。

セレモニーではアビスパ福岡や地元でご協力いただいた来賓の方々のご挨拶に続き、博多学園の八尋太郎理事長、アビスパ福岡の都筑興代表取締役社長、代表園児親子によるアビ芝苗植え込みキックオフ。その後、園児たち、保護者の方々、先生方、地元の老人会の方々、アビスパ福岡から参加した丹羽大輝選手、神山竜一選手、ホームタウン推進部のコーチたち、総勢120名から130名で苗付けが行われました。土を掘りながら、3600株を埋め込む作業は、大人も子どもも一緒になって、力を合わせ和気あいあいとした雰囲気のなか行われ、1時間の作業予定が、わずか30分足らずで終了です。そしてなんと、苗付け終了と同時に恵みの雨も降り出しました。

使用した苗はティフトンという芝で、安価な上、品種の中では一番強いと言われています。傷にも強く、回復力があり、子どもたちが思いっきり走り回っても大丈夫。「子どもが裸足で園庭を走り回れると思うと嬉しくて。アビスパさんに感謝です」と保護者会会長の有鹿智美さん。アビスパ福岡の丹羽選手も「自分たちの時代には芝のグラウンドなんてなかったので、子どもたちがうらやましいです。サッカーの上達も早いと思いますよ」と話しました。
最高のお天気にも恵まれ、キックオフセレモニーは終了。
今後は2週間の水やりが重要。その後は2か月後、苗が伸びて、園庭が芝でビッシリになるのを待つだけ。2か月後、緑の芝の上で思いっきり走り回る園児たちの楽しそうな姿が目に浮かびます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第34節
2019年12月7日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ