今日の試合速報

ACL決勝第2戦 11月24日19時キックオフ!
ACL決勝第2戦 11月24日19時キックオフ!

ホームタウン活動

一覧へ
kofu

2010/06/26

第11回 全国ホームタウンサミット in 甲府

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月26日(土)、山梨県甲府市で「第11回全国ホームタウンサミット」が開催されました。ホームタウンサミットは、ホームタウンに関係する様々な団体が、運営・活動に関係する問題点を解決すると同時に、その活動を展開していく上で重要となるネットワークづくりを発展させていくことを目的とした会合です。甲府市では初開催となるこのホームタウンサミットには、ほとんどのクラブのボランティア、クラブ関係者、自治体関係者が参加してフレンドリーな雰囲気のなかで行われました。

山梨学院大学メモリアルホールで行われた基調講演では300人を超える参加者に、スポーツライターの青島健太氏が「何かを成し遂げるために“はみ出すことが大事”」という勇気の必要性を伝えました。サッカーを通じて地域に貢献し、よりよく地域を変えたいと思っている参加者にとって、背中を押してもらえる貴重な講演になったことでしょう。

その後のパネルディスカッションでは、野田金男氏(社団法人やまなし観光推進機構 理事長)や輿水順雄氏(ヴァンフォーレ甲府専務取締役)から、クラブ存続の危機を甲府がどう乗り越えたのかという話がありました。そのなかで、ヴァンフォーレ甲府のファン・サポーターだけでなく、他クラブのファン・サポーターやJリーグ入りを目指すクラブの関係者が精神的にサポートしてくれた話が披露され、野田氏が「この話をすると、今でも涙が出るんです」と声を震わせて、当時寄せられたメールや掲示板の書き込みを紹介した場面は印象的なものでした。地方都市の小さなクラブである甲府がJリーグに入会したことが、他の地域でJリーグ入りを目指すチームに勇気を与えていたことを活力に、甲府の関係者は営業活動、地域貢献、メディアの活用を更に活発にして危機を乗り越えました。そして、J1に昇格し、現在J2でトップレベルの集客力を誇るまでに成長した甲府の姿は、地方都市のクラブにとって参考になる部分が少なくないことがよく分かるディスカッションとなりました。

3つの分科会では「スポーツとまちづくり」、「理想のスタジアムを考える」、「ホスピタリティの向上のためにできること」というテーマで講演や意見交換が行われました。第1分科会の「スポーツとまちづくり」は、横森巧氏(山梨学院大学附属高校サッカー部総監督)から、韮崎市で取り組んでいる指導者育成から始める「誇りと夢が溢れるまちづくり」の話や、松崎孝紀氏(ジュビロ磐田元取締役、静岡産業大学経営学部客員教授)による磐田市のスポーツ復旧活動(小中学校のグラウンドの芝生化、プロ選手との交流、エコ活動)の実例が紹介されました。

第2分科会の「理想のスタジアムを考える」ではJリーグ理事の傍士銑太氏(財団法人 日本経済研究所専務理事兼地域未来研究センター長)により、海外のスタジアム事情や坪単価で行政と市民負担を考えればスタジアム作りは不可能ではないという考え方が紹介されました。ジェフユナイテッド千葉の高橋薫氏(ホームタウン課長)からはフクダ電子アリーナが誕生するまでの過程や、設計の考え方などが紹介されました。甲府の佐久間悟GMからは、リニア中央新幹線建設にともなう山梨の新駅近くのスタジアム建設の可能性と、地域活性化についての話がありました。

第3分科会の「ホスピタリティの向上のためにできること」では、甲府のホームスタジアム・山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場で、Jリーグ公式試合開催時に学生ボランティアにより運営されている「ヴァンフォーレパーク」について、山梨学院大学の長倉豊貴氏(経営情報学部経営情報学科講師)からの報告と、グループディスカッションが行われました。各クラブでボランティア活動を行っている参加者が自分たちの経験を持ち寄り、よりよいボランティア活動についての話し合いがもたれました。

Jリーグの試合では激しく競い合っている各チームですが、ボランティアや関係者がフレンドリーに意見を交換し、サッカーというスポーツを通じて喜びや生き甲斐を共有する姿は、普段の試合では見ることができない姿です。ホームタウンサミット後に行われた懇親会は、お互いのチーム状況や順位の話で盛り上がり、Jリーグを通して全国の地域が繋がっているということを実感させられました。来年は大分で、第12回全国ホームタウンサミットが開催される予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第32節
2019年11月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ