今日の試合速報

Jリーグは4月3日(金)以降開催予定の試合の延期を決定しました

ホームタウン活動

一覧へ
kawasakif

2012/06/24

多摩川エコラシコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月24日(日)、川崎フロンターレ選手会主催による多摩川の清掃活動「多摩川エコラシコ」が行われました。今年で5度目の実施となる社会貢献活動「多摩川エコラシコ」。当日は暑い気候のなか、410名もの参加者が多摩川河川敷に集まってくれました。

今回は川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーの合同企画として、毎年お世話になっている「とどろき水辺の楽校」に加え、「NECレッドロケッツ」「東芝ブレイブサンダース」「富士通レッドウェーブ」「富士通フロンティアーズ」といった川崎をホームタウンにしているスポーツ団体の選手。そして2000年シドニーオリンピックトランポリン日本代表の中田大輔さんといった、スポーツの種目や企業の垣根を乗り越えた錚々たるメンバーが集まりました。

多摩川清掃の前に行われたのが「スポーツ推進パートナークイズ大会」。井川祐輔選手、楠神順平選手、實藤友紀選手に加え、各団体の選手たちが参加し、地元川崎のスポーツ団体にまつわる◯✕形式のクイズを実施。賞品として各団体から提供してもらったタオルやサイン色紙がもらえるということもあって、清掃前のウォーミングアップとして大いに盛り上がりました。

反対側の広場では「草木染め」体験が行われていました。「とどろき水辺の楽校」の方々に協力を頂き、事前募集で応募をいただいた参加者が、西部洋平選手、田坂祐介選手、田中裕介選手、福森晃斗選手、レナト選手と一緒に多摩川河川敷に生い茂る草木を使った染物にチャレンジ。レナト選手は日本語の説明がわかりませんが、周りの人たちの様子を見ながらハンカチを絞って輪ゴムで止めていきます。

そしてメインイベントの多摩川清掃がスタート。選手と参加者の皆さんを3つのチームに分け、Aチームは本部近くの水辺周辺、Bチームは本部から少し下流に進んだ丸子橋周辺、Cチームは土手エリアの清掃を担当しました。場所によっては大人の背丈ほどある雑草をかき分けていかなければなりませんが、各スポーツ推進パートナーのグッズがもらえる権利を得られるガチャガチャのボールを清掃エリアに隠すというひと工夫により、参加者の皆さんは果敢に草むらに突入。楽しみながらごみ拾いに精を出していました。

清掃活動が終わり、最後は表彰式です。選手会会長の田坂選手がごみを見て非売品のノートやタオルがもらえるチームを発表。たくさんの参加者がいたため、最後は急きょじゃんけん大会を行い、賞品の争奪戦となりました。そして締めの記念撮影へ。各チームごと、そして選手と参加者全員で集合写真を撮り、今回の「多摩川エコラシコ」は幕を閉じました。

実際にごみを集めてみると、川べりでは上流から流れてきた粗大ごみ、土手側はビニール袋や缶といった生活ごみと、エリアによって種類や大きさが違います。近年かなりきれいになってきた多摩川河川敷ですが、こうして実際に清掃活動を行ってみると、短時間でかなりの量のごみが出てきます。「多摩川エコラシコ」は地元の宝である多摩川を大事にすることによって、環境やエコに対する意識を高め、より考えるきっかけになるイベントとしてこれからも毎年継続的に行なっていく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ