今日の試合速報

Jリーグは4月25日(土)以降開催予定の試合の延期を決定しました

人材育成

一覧へ
sapporo

2013/07/03

2013Jリーグ版[よのなか]科(コンサドーレ札幌U-15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月19日(水)、コンサドーレ札幌において、アカデミーU-15に所属する中学2年生の選手15名を対象に、Jリーグ版[よのなか]科(※)の第1回目が開催されました。
プログラムの進行役は、元コンサドーレ札幌の選手である黄川田賢司氏が担当。
第1回目では、選手たちがクラブの収支について学び、収入を増やす作戦、支出を減らす作戦を考えました。プログラムの終わりには、選手が考えた作戦に対し、野々村芳和社長がひとつひとつ丁寧にコメントを返し、経営で実際に取り組んでいることを説明するとともに、アカデミーの選手への期待も熱く語ってくれました。
選手たちはクラブの実際の経営や、社長から直接激励のメッセージを受け取り、とても刺激を受けた様子でした。
今後、第2回~第5回のプログラムの中で、Jリーグの理念、スポーツをとりまく職業、それぞれの職業に必要な「意志」「役割」「能力」、5年後のキャリアイメージプランについて考えていきます。

コンサドーレ札幌の今後のスケジュール

http://www.consadole-sapporo.jp/news/2013/06/014816.html

※Jリーグ版[よのなか]科(正式名称:Jリーグをテーマに競技者としてのキャリアを考える「キャリア・デザイン・サポートプログラム」)
Jリーグでは2010年度より、Jリーグの人材育成活動における選手教育の新たな取り組みとして、文部科学省の競技者・指導者等のスポーツキャリア形成支援事業を業務受託し、「キャリアデザイン支援プログラム」を実施しています。このプログラムは、プロの競技者を目指す人材にとって適切な”キャリア”についての考え方や心構え、社会人として適切な就労観や職業観の醸成を目的に実施するもので、将来、地域で活躍、貢献できる人材の育成を目指しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ