今日の試合速報

6/28 (火) 07:00-07:30の間、メンテナンスのためサイトの閲覧ができなくなります。ご了承ください。

人材育成

一覧へ
tochigi

2013/10/02

「アスリート交流会」開催(栃木SC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月18日(水)に栃木SC トップ選手20名を対象に「アスリート交流会」がオフィシャルパートナー藤井産業株式会社の会議室にて開催されました。

講師は、及川晋平さん(元・車椅子バスケットボール日本代表選手。現・車椅子バスケットボール日本代表男子ヘッドコーチ)。

テーマは、「可能性と選択肢を考える」。
及川さんは、高校生のとき骨肉腫になり5年間の闘病生活を経て車椅子バスケと出合い、アメリカに留学後、日本代表としてシドニーパラリンピックに出場、ロンドンパラリンピックには日本代表男子アシスタントコーチとして参加されました。

ロンドンパラリンピックのプロモーション映像を見ながら「戦争やテロで障害を負うなど選手にはいろいろな社会的背景があるが、すごい!カッコいい!と思える超人たちだった。自分はこのエリアまで行きつけなかったというのが正直な感想」と、障害を持っていることを言い訳にせず、彼らは、普通の人たちにはできない、無理だと思うような領域に達している人たちだったと吐露されました。

では、どうやって自分の可能性を最大限に引き出し、突破するための選択肢を見つけ出していくのか。「可能性は無限大」「選択肢も無限大」と考え、自分の思い描いたことを信じてやり続けて行くことが大事なことなのではないか、とアドバイスをいただきました。

及川さんから考えるきっかけを与えていただき、選手たちからも多くの質問が出ました。
可能性と選択肢が上手くいかないときはどうしたらよいのか?という質問に、及川さんは「上手くいかないときほどそこにヒントがある、そこから逃げては決してよくならない。そして上手くいくために必要なことしかやらない」、なぜそのような境地に達することができたのか?という問いには「これしかないという選択肢に到達すると迷いがなくなり強くなれる」とのこと。

選手たちにとっては日頃のプレーだけでなく生き方についても深く考えるヒントをもらった交流会となりました。

  • 栃木SCホームページ:http://www.tochigisc.jp/photo/article/00004236.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第19節
2022年7月2日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ