今日の試合速報

台風19号接近にともなう試合開催への影響について(13日9時10分現在)

ホームタウン活動

一覧へ
oita

2013/10/07

宇佐市立津房小学校で交流しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日(月)、大分県地域密着型プロスポーツ普及促進事業の一環として、木島悠選手、松原健選手が、宇佐市立津房小学校を訪問しました。

全校生徒27人の小学校の玄関前には、「ようこそ津房小へ」の看板が立ち、体育館には宇佐市出身の松原選手を応援する横断幕が掲げられる大歓迎モード。中には、チームのレプリカユニホームを着た先生の姿もありました。

最初は、遠慮がちだった児童も、体を動かすうちに大きな声を上げ、選手と一緒に大盛り上がり。チーム対抗のドリブル競争では、木島、松原両選手がサッカーでなく、バスケットのドリブルを披露するなど、普段は見ることができない表情で、児童たちの笑いを誘っていました。また、ミニゲームでは、児童たちも鮮やかなドリブル、シュートを繰り出し、3人だけで走り回ったトリニータチームの選手、スクールコーチも疲労困憊の様子でした。

交流会では、選手、スクールコーチと対戦したミニゲームを振り返り、何人もの児童が「負けたので悔しい」と連発。サッカーを習っている児童が多く、木島選手も「今まで訪問した学校の中で、一番サッカーが上手かったです」と、舌を巻いていました。

楽しかった交流も、給食を食べ終わって終了。お土産に特産のぶどうをいただいた選手も「楽しかった」と上機嫌の学校訪問となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第29節
2019年10月19日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ