今日の試合速報

Jリーグは5月30日(土)以降開催予定の試合の延期を決定しました

人材育成

一覧へ
chiba

2013/10/23

2013Jリーグ版[よのなか]科実施(ジェフユナイテッド千葉 U-14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月27日(火)~10月6日(日)にかけて、ジェフユナイテッド千葉において、Jリーグ版[よのなか]科がU-14の16名を対象に実施されました。
プログラムの進行役は、アカデミーコーチの河野太郎さん。

ジェフユナイテッド千葉での[よのなか]科の取り組みは初めてとなります。5回のプログラムでは、クラブの経営、Jリーグの理念、サッカーをとりまく職業、それぞれの職業に必要な「意志」「役割」「能力」、5年後のキャリアイメージプランについて考えました。

第1回「Jクラブをとりまく”お金”から仕組みを考える」では、ゲストティーチャーに島田亮社長が登場し、Jクラブの経営や人生の先輩としてのアドバイスをいただきました。

第2回「Jリーグがめざすものを考える」では、「対話」を用いて「違う立場に立って物事を考える」ということにチャレンジしました。
その中で、Jリーグの理念とはどんなものか、またジェフユナイテッド千葉はどんな取り組みを行っているかについて学びました。

第3回「Jリーグをとりまく職業を考える」、第4回「職業と意志・役割・能力の関係について考える」では、ゲストティーチャーにジェフユナイテッド千葉スポンサー担当の大室旭さん、ジェフの芝生グランドのメンテナンスをしていただいている、日本体育施設の小野孝幸さんが登場し、職業の社会的な意義・役割や、役割を担う能力・スキルの必要性を学びました。特にスポンサー担当大室さんの話の際には、「スポンサー収入がクラブ収入の大部分を占める」という話もしていただき、第1回の復習となり、子どもたちも話に集中できていました。

最終回の第5回「自分のキャリアイメージプランを考える」では、「イチロー選手」や「石川遼選手」の小学生時代の作文を参考にし、具体的に目標を持つことの重要性を学びました。またジェフユナイテッド千葉の森本貴幸選手にインタビューした映像をみて、自分の5年後のキャリアイメージプランを発表しました。その後、昨年までジェフユナイテッド千葉のトップチームで活躍していた坂本將貴アカデミーコーチがゲストティーチャーとして登場し、「中学生時代から努力し続けていること」を話してくれました。最後には、ジェフユナイテッド千葉の歴史、そしてこのクラブが更なる発展を遂げるためには、「育成のジェフ」の復活が必要不可欠だということをまとめたVTRを見せ子どもたちのモチベーションを高めました。VTRの中には、ジェフアカデミー出身の佐藤勇人選手のメッセージもあり、子どもたちの心にも強く残ったと思います。

参加した選手たちは5つのプログラムを通して、いろいろな知識を得ながら、自らの思考の幅を広げることができたと思います。また明確に自分のキャリアを意識することで、客観的に自分を見つめなおし、改めて強い意志を持った目標設定ができたと思います。

なお今回は、2013年度Jリーグ版[よのなか]科ファシリテーター養成講座(※)の一環として開催されました。

※キャリアデザイン支援プログラム [Jリーグ版よのなか科]ファシリテーター養成講座 開講のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ