今日の試合速報

FNJ1018 松本vs鹿島
FNJ1018 松本vs鹿島

ホームタウン活動

一覧へ
shimizu

2014/07/22

三浦雄也選手がホームタウン次世代プロジェクト『エスパルスドリーム教室』に講師として参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水エスパルスの三浦雄也選手が7月22日(火)、静岡市立服織西小学校にて行われた『エスパルスドリーム教室』に講師として参加しました。

今回は6年生の児童20名を対象に、「みはじ」(※道のり・速さ・時間)を学習する算数の授業を実施しました。

児童たちは目の前で三浦選手のシュートを観察。スピードガンで測定された三浦選手のシュートの球速を利用して、PKでキーパーが反応することのできるわずかな時間をみはじ計算で導きだしました。「三浦選手のシュートは時速何キロだと思う?」と先生に聞かれた児童は「40キロくらいだと思う」と予想。実際には81キロ(秒速22.5メートル)で、「自分がキーパーだったら逃げそう!そんなボールを受けている三浦選手はすごい」とその速度に驚いていました。

学習の後は、三浦選手の指導のもと、ラダーを使ったトレーニングを体験。やさしいステップから始まり、だんだんと複雑になっていきますが、「難しい!」と声を上げつつも児童たちは一生懸命に取り組んでいました。

最後に三浦選手は「自分が試合に出てエスパルスを優勝させたい。みなさんの住んでいる町が元気になるようにがんばります」と抱負を語り、サイン色紙とエスパルスドリーム教室オリジナルのファイルを贈呈。児童たちと記念撮影を行い、服織西小でのエスパルスドリーム教室は終了しました。

静岡市立服織西小学校のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました。

今後も『エスパルスドリーム教室』では選手、ユース・Jrユーススタッフ、クラブ職員が講師として参加します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第29節
2019年10月19日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ