今日の試合速報

2019JリーグYBCルヴァンカップ アプリ向け決勝チケット19日から抽選を開始! 準決勝は10.9水/13日鹿島vs川崎F・G大阪vs札幌 左
2019JリーグYBCルヴァンカップ アプリ向け決勝チケット19日から抽選を開始! 準決勝は10.9水/13日鹿島vs川崎F・G大阪vs札幌 右

人材育成

一覧へ
kawasakif

2014/09/05

2014 Jリーグ版[よのなか]科実施(川崎フロンターレU-15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月13日(水)~8月30日(土)にかけて、Jリーグ版[よのなか]科を全5回のプログラムで行いました。
今年はU-15B(中学2年生15名、中学1年生3名)の選手が対象です。
ファシリテーター役は、育成部アカデミーダイレクターの後藤静臣氏が担当しました。

第1回 Jクラブをとりまく“お金”の仕組み(経営)について
第2回 Jリーグがめざすもの(理念)について
第3回 Jリーグをとりまく職業について
第4回 職業と「意志」「役割」「能力」の関係について
第5回 自分のキャリアイメージプランについて
を参加者全員で考え、考えを出し合い、その考えを発表することで、みんなの考えを共有しました。

第1回ではゲストティーチャーに武田信平社長が登場し、クラブの経営についての話しを頂き、サッカーについては「トップチームで活躍する選手になってほしい。そのためには、もっと集中してたくさん練習してほしい。」と熱いメッセージも頂きました。

第4回では、クラブスタッフである米田和雄(広報グループ)とJFE東日本ジーエス株式会社(警備会社)から森伸之氏に登場していただき、今の仕事への思い、川崎市への思い、フロンターレへの思いをそれぞれ語っていただきました。

第5回では、アカデミー出身の可児壮隆選手に自分自身の経験の中での強い思いを語ってもらいました。「自分を活かすために自分にできることをやり続ける。決してあきらめない。いろんな人との関わりがあって今の自分がある。」などのメッセージを聞いた選手たちは強い刺激を受け、新たな気持ちで目標であるプロサッカー選手になる思いを再確認できました。

今回の全5回のプログラムを通して、「自分の考えもあるし他の人の考えもある中で、その考えを自分の中にどう受け入れて行くのか」、「自分の周りにいろんな人が関わっていて、その人たちはクラブはJリーグはどういう思いで取り組んでいるのか」を学び、それらは全てサッカーと結びつくものがあることを学びました。
回を増す毎に選手たちは変化し、成長して行く姿を見せてくれました。

川崎フロンターレの一員として今の自分にできる事、これからやって行かなければならない事を常に考えながら「目標(夢)」に向かって、精一杯活動して行く選手たちの姿をこれからもご覧いただきたいと思います。

なお今回は、2014年度Jリーグ版[よのなか]科ファシリテーター養成講座(※)の一環として開催されました。

※キャリアデザイン支援プログラム Jリーグ版[よのなか]科ファシリテーター養成講座 開講のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
2019年9月28日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ