今日の試合速報

AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL)2020グループリーグ日程
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL)2020グループリーグ日程

ホームタウン活動

一覧へ
shimizu

2014/11/25

三浦雄也選手がホームタウン次世代プロジェクト『エスパルスドリーム教室』に講師として参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水エスパルスの三浦雄也選手が11月25日(火)、静岡市立清水小河内小学校にて行われた『エスパルスドリーム教室』に講師として参加しました。

今回は4・5・6年生の児童25名を対象に、「人の体のつくりと運動」を学習する理科の授業を実施しました。通常のシュートとひざを固定したシュートを比較、観察することで、関節のはたらきについて学びました。

まずは、三浦選手がシュートを児童の目の前で披露すると、プロ選手の強烈なシュートに児童たちは驚いた様子。次に、蹴り足の膝を固定する器具をつけた状態でシュート。スロー映像を確認しながら、器具をつけた状態でシュート威力が落ちた理由と、関節や筋肉のはたらきについて考えました。また、三浦選手が日頃行っている、体幹の筋肉を鍛えるハードなトレーニングも体験。児童たちは、「つらい!」と声を上げながらも懸命に取り組んでいました。

質問コーナーでは「プロ選手はみんな腹筋が割れていますか?」「何を食べたら体が大きくなりますか?」といった小学生らしい質問が。三浦選手は「好き嫌いしないでしっかり食べて」とやさしく答えていました。

最後に、三浦選手から「これから夢に向かって大変なことがあっても、逃げたり諦めたりしないで」というメッセージと、各学年へサイン色紙とファイルを贈り、今回のドリーム教室は終了しました。

静岡市立清水小河内小学校、関係者の皆様、ありがとうございました。

来年度以降も『エスパルスドリーム教室』では選手、ユース・Jrユーススタッフ、クラブ職員が講師として参加します。

————————————
エスパルスドリーム教室の詳細はこちら

http://www.s-pulse.co.jp/dream_lesson/index/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ