今日の試合速報

折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン
折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン

人材育成

一覧へ
sanuki

2015/10/13

2015Jリーグ版 よのなか科実施(カマタマーレ讃岐U-13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月22日(土)~9月19日(土)にかけて、昨年に引き続き今年もJリーグ版よのなか科を、アカデミー所属のU-13選手(22名)を対象に実施いたしました。

進行役は、チーム統括部・強化担当の中島健太さん。

第1回では収入と支出の面からクラブ経営を学び、自ら社長になったつもりで収入を増やす、支出を減らす作戦を考えました。実際に社長にクラブ経営の話を聞くことで、クラブの歴史や現状などを直に感じることができたようです。

第2回はJリーグの理念やクラブのホームタウン活動などを知り、保護者やスタッフも一緒にディベートを行いました。難易度は高かったですが、自分とは違う意見の立場になって考えることで、相手が何を考えているのかという本質を見抜く力を養うことができたと思います。

第3回と4回は同日に実施し、第3回ではJリーグをとりまく職業がどれだけ多く存在するかを知り、サッカー選手以外のキャリアイメージを持つきっかけとなりました。

第4回では昨年現役を引退し、今年クラブスタッフへ転身した運営担当の波夛野寛さんから、お客さまの立場で運営を考えるという能力が必要というお話は、第2回目の本質を見抜く力に通じるところがありました。

また、もう一人のゲスト、スタジアムDJ・DJハイロさんから、9月生まれの3選手に対して特別に、トップチームのホームゲーム時と同じように選手紹介をしていただき、選手たちはとても興奮した様子でした。

まとめの第5回では、実際に自分の5年後を見据えてキャリアイメージプランを作成し、18名の参加があった保護者の皆さんの前で、選手全員が発表しました。始めのうちはペンが進まなかった選手が多かったものの、発表時には第1回に比べてとても堂々と自分の考えを伝えており、それぞれの大きな意志を知ることができました。

最後に、トップチームからDF3藤井航大選手、GK1清水健太選手、MF19仲間隼斗選手のメッセージ付きモチベーションビデオを観てプログラムの終了となりました。

全5回を通して、Jクラブにはどのような存在価値があるのかを考え、世の中とのつながりを学んだことで、今まで知り得なかったことを選手も保護者の方も知ることができた貴重な機会となりました。

難しくても必死に考えをしぼり出そうとする選手たちの姿勢は素晴らしく、また毎回積極的に参加してくれたアカデミースタッフ、保護者の皆さんはプログラムを進めていくにあたって、とても心強い味方でした。

引き続き、アカデミー選手たちの成長を見守っていきたいと思います。

DSC02230 DSC02322

DSC02363 DSC02405

DSC02457

 

 

 

 

 

 

写真提供/カマタマーレ讃岐

なお今回は、2015年度Jリーグ版よのなか科ファシリテーター養成講座(※)の一環して開催されました。※http://www.jleague.jp/release/post-35137/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第13節
2021年5月9日(日)17:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ