今日の試合速報

ホームタウン活動

一覧へ
oita

2016/01/15

松本昌也選手と坂井大将選手が豊後大野市立緒方小学校の児童たちと交流しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月15日(金)「大分県 地域密着型プロスポーツ普及促進事業」の一環として、松本昌也選手と坂井大将選手が豊後大野市立緒方小学校を訪問し、4~6年生児童93名と交流しました。
小学校に到着すると児童と先生方はこの日をとても楽しみにしていただいたようで、手作りのトリニータオリジナルフラッグを作って歓迎してくださいました。そんな歓迎ムードのなか、サッカー授業がスタート。はじめに、チーム対抗のフラフープを使った通り抜けゲーム、2人1組でのボールフィーリングで体を動かしました。

緒方小学校1

選手と2人1組になり、ドキドキしながら選手とボールフィーリングを行う児童の姿に、先生方も大興奮でカメラのシャッターを押していました。体を動かした後は、サッカー授業恒例の試合を行いました。試合は、4~6年生を8チームに分け、選手が各チームに1人ずつ入った試合を4試合と6年生男子チーム、女子チーム対トリニータチームのスペシャルマッチ2試合、合計6試合行いました。交流した全児童が試合に参加でき、みんなプロのプレーに驚いた表情を見せていました。

緒方小学校2
サッカー授業の後は交流会がスタート。質問コーナーとサイン会、給食交流を行いました。質問コーナーでは、「チームワークがよくなるにはどうすればいいのか?」という質問が出ました。この質問に松本昌也選手は「コミュニケーションをよくとること、思っていることをちゃんと言うこと」と話し、坂井選手は「昌也選手が言ったことにプラス、相手の言うことに耳を傾けることができればもっとよくなる」と話していました。質問コーナー後のサイン会では多くの児童が準備してきた色紙や帽子にサインを入れてもらい大喜び。

緒方小学校3

緒方小学校4

続く給食交流でもたくさん選手と話したい児童が多くおり、選手も児童たちとの触れ合いを楽しんでいました。給食交流が終わり、最後に帰るときにも手作りのフラッグでお見送りをしていただき、豊後大野市立緒方小学校との交流が終了しました。

豊後大野市立緒方小学校の皆さま、ありがとうございました!

緒方小学校5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

天皇杯 ラウンド16
2019年9月18日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ