今日の試合速報

決勝は10.26土 川崎Fvs札幌 左
決勝は10.26土 川崎Fvs札幌 右

プレスリリース

一覧へ

2016/07/20 10:30

Jリーグ、DAZN、NTTグループ  「スマートスタジアム事業」協業契約締結 ~スタジアム・ホームタウンのICT化で、日本のスポーツ界に新たな感動と体験を~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグと、Perform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス*1「DAZN(ダ・ゾーン)」とNTTグループは、下記の通りスタジアム・ホームタウンのICT化を図る「スマートスタジアム事業」における協業契約を締結いたしました。契約期間は2017年から2026年の10年間です。

JリーグとDAZN、NTTグループはJ1クラブのホームスタジアムをはじめとした全国のスタジアムのwi-fi環境整備・情報サービス提供などを含めたICT化*2事業「スマートスタジアム」を推進いたします。インターネットに快適につながるスタジアムをスタートポイントに、ICTを利活用したヒト・モノ・コトが相互につながる仕組みやスタジアム内で楽しめるコンテンツとサービスを通じて、観戦にいらした方々の興味の対象がスタジアム周辺地域やコミュニティにまでひろがるきっかけを提供いたします。また、この事業により ICTを通したチームや選手、試合の魅力の発信で新たなファン層を開拓してスタジアムへの来場を促し、地域とつながるスポーツ産業を発展させることを目指します。

「スマートスタジアム」の実現に向けて
(1)先進技術を使った新たな映像サービスと観戦スタイルの提供
スタジアムではスタッツを見ながら試合を観戦したり、プレイバック機能を使って何度でも感動的なゴールを手元でリプレイするなど、スポーツファンの視聴環境の質を高め、よりJリーグを楽しんでいただく環境を整えていきます。これらの映像サービスや試合・選手の解説情報を手持ちのスマホ・タブレットにお届けすることで、目の前の試合をより楽しめる仕組みを提供し、スタジアム外を含めて新たな観戦スタイルと楽しみ方を提案していきます。
(2)スポーツを契機とした地域振興・デジタルマーケティング
より幅広い層のお客さまに来場いただけるよう、スマホ・タブレットやデジタルサイネージなどを通じて試合観戦以外の新たな体験を創出、提供いたします。また、スタジアムと周辺地域の商業・観光施設間での相互送客など、クラブやファン・サポーターが地域コミュニティの核となり地域振興につながる活動を支援します。

 

■2017~2026年 「スマートスタジアム事業」協業契約 概要

契約社 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
Perform Investment Japan株式会社
日本電信電話株式会社
契約期間 2017~2026シーズン(10年契約)
対象スタジアム J1クラブのホームスタジアム
※2017年シーズンのJ1クラブから順次

*1ライブストリーミングサービスとは、撮影した映像を配信用のデータに変換して、リアルタイムに配信するサービス。
*2ICT(Information and Communication Technology)「情報通信技術」の略。IT(情報技術)を取り入れて業務効率を上げ、通信技術を活用して顧客とのコミュニケーションの進化を図ること。

 

 

Jマーク

 

 

 

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ  JAPAN PROFESSIONAL FOOTBALL LEAGUE

■所在地 〒113-0033東京都文京区本郷3-10-15
■設立 1991年11月1日

<代表者プロフィール>
チェアマン  村井 満 (Mitsuru MURAI)

Jリーグチェアマン

 

 

 

 

 

 

1959年(昭和34年)8月2日生まれ(56歳)
埼玉県川越市出身。1983年早稲田大学法学部を卒業後、同年4月㈱日本リクルートセンター(現㈱リクルートホールディングス)入社。2000年4月執行役員。2004年3月㈱リクルートエイブリック(現㈱リクルートキャリア)代表取締役社長。2008年7月(社)日本プロサッカーリーグ理事。2011年4月RGF Hong Kong Limited取締役社長などを経て、2014年1月、(公社)日本プロサッカーリーグ チェアマンに就任、現在に至る。(公財)日本サッカー協会副会長、(公財)日本プロスポーツ協会理事。

 

DAZN

 

 

 

 

 

Perform Investment Japan株式会社  Perform Investment Japan K.K.

■所在地 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 (本社)Plane Tree Crescent Feltham, TW13 7HE, UK

<代表者プロフィール>
CEO  ジェームズ・ラシュトン (James Rushton)

ジェームズ

 

 

 

 

 

1978年9月17日生まれ
2003年にPerform Groupに入社し、APACマネージングディレクター、オーストラリア&ニュージーランドマネージングディレクター、ePlayerマネージングディレクターといった複数のシニアポジションを経て、現在Perform Investment Japan / Perform OTTのCEOを務める。Perform Group入社前は、バーミンガムシティフットボールクラブのコマーシャルディレクターを務めていた。また、バーミンガム大学にてBusiness Administration and Management分野のMBAを取得。

 

<「DAZN」 サービス概要>

◎ブランドコンセプト
DAZNがルールを変える
好きなスポーツをいつでもどこでも楽しめる自由を全てのファンに

◎ローンチ日
2016年夏

◎サービス概要
スポーツに特化した今までにないライブストリーミングサービス。
世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業であるPerformGroupの最先端のデジタル技術を駆使し、圧倒的な数のスポーツを、あらゆるシーンでお楽しみいただくことを可能にします。

◎提供予定スポーツ
サッカー、野球、テニス、バスケットボール、ラグビー、モータースポーツ、総合格闘技等

◎URL
http://www.dazn.com/

 

NTT

 

 

 

日本電信電話株式会社  Nippon Telegraph and Telephone Corporation

■所在地 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアイーストビル
■設立 1985年4月1日

<代表者プロフィール>
代表取締役社長  鵜浦 博夫 (Hiroo UNOURA)

うのうら氏

 

 

 

 

 

 

 

1949年(昭和24年)1月13日生まれ(67歳)
石川県出身。1972年東京大学法学部を卒業後、同年、日本電信電話公社入社。2002年6月日本電信電話株式会社取締役、2007年常務取締役、2008年代表取締役副社長を経て、2012年同社代表取締役社長に就任、現在に至る。一般社団法人日本経済団体連合会副会長。

 

契約締結にあたってのコメント

●公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) チェアマン  村井 満

「Perform Groupとの契約は、日本のスポーツ界初と言える長期大型の放送権契約であり、日本のスポーツ産業が有力なコンテンツとして海外からの投資対象として認識いただけたものとを考えております。また急速に変化しているインターネット・モバイルの世界において、これらのサービスを主たる業容とする事業者との初めての合意ケースとも考えております。さらにNTT グループとの協業により、スマートスタジアム(センサー、映像、通信などIT技術の充実とそれらを駆使したエンタテインメント性やセキュリティ等の向上)や地域コミュニティのデジタル化がより一層進展することになります。Jリーグは、この画期的協業体制をベースに、これまでになかった新たな戦略的投資を進め、さらなるサッカー水準の向上と話題の提供、産業基盤の強化に努めてまいります」

 

●Perform Investment Japan株式会社 CEO  ジェームズ・ラシュトン

「Jリーグ、そしてNTTグループとパートナーシップを結ぶことを大変嬉しく思います。スマートスタジアムによって、試合の感動に加えて、スタジアムで過ごす時間が更に楽しめるようになることを目指します。我々はJリーグファンにこれまでにないスタジアムでの観戦体験、そしてありとあらゆる楽しみ方をお届けします。」

 

●日本電信電話株式会社 代表取締役社長  鵜浦 博夫

「Jリーグの発展に寄与できることを嬉しく思います。最先端のデジタル技術でスタジアムでの新たな体験を創出していくとともに、地域振興に貢献できるデジタルマーケティングの提供・展開にNTTグループの総力をあげて取り組んでいく所存です。共に日本ならではの「スマートスタジアム」を実現し、Jリーグを契機に日本のスポーツ産業の構造変革にチャレンジしていきます。」

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
2019年10月26日(土)13:05 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ