今日の試合速報

FNJ1018 松本vs鹿島
FNJ1018 松本vs鹿島

人材育成

一覧へ
yokohamafc

2016/08/19

「アスリート交流会」開催(横浜FC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月28日(木)横浜FCでトップチームの選手を対象に「アスリート交流会」が開催されました。
講師は、有森裕子さん(五輪女子マラソンメダリスト、株式会社RIGHTS. 取締役)。有森さんは、Jリーグ理事も務められています

今回のアスリート交流会はプロとしての競技に対する考え方や、日々の取り組みについて、有森さんから伝えていただくことで、プロサッカー選手としての人間的な成長と競技力向上を目的として開催しました。

講演テーマは「プロ選手の意識」についてです。導入の自己紹介では、アトランタオリンピックでメダルを取った有森さんのゴールシーンやインタビューの映像を見ながら講演がスタートしました。

まず、有森さんが現役時代に取り組んでいたこと、大切にしていたことついてお話しされました。なかでも、特に「音に出すことによって明確になりたい姿、ありたい姿をイメージすることができる。明確にイメージすることができれば、やらなければならないことも明確になる」と、言葉にすることの重要性を強調されました。有森さんは目標を書き、家の壁や天井など、いたる所に貼っていたそうです。

また、ホワイトボードを使って、Jリーグの選手の立ち位置を熱く説明されました。「Jリーグの選手は、人のお金と時間を使ってサッカーを仕事としている『ライスワーク』。クラブ経営がどのような仕組みになっているのか、お金は誰から得ているのかなど、理解をすることで、今自分が何をやらなければならないのか、どうあるべきか分かるはず。分からないのであれば、サッカーだけを楽しみたいのであれば、Jの場から去り『ライフワーク』として趣味でサッカーをやってください」とJリーグに所属する選手にプロ意識を強烈に植えつけられました。また、「プロである以上、高いレベルと高い意識を持ち勝負に勝たなければならない」ということも伝えられ、選手は真剣な眼差しで、有森さんのメッセージのひとつひとつを受け止めていました。

最後に有森さんから「自分が望むことはカタチにしてください。チームの人生ではない、自分の人生です」というメッセージで講演が締めくくられました。

終了後、選手からは「プロとしてのこだわり方が本当にすごいと思った。自分の目標に向かってどれだけ当たり前のことを当たり前にこなせるか、目標に集中できるかが大事であるとすごく勉強になった」、「自分を変えていきたいと思った。特に、メンタル面の甘さを変えていきたい」、「自分の思いを強く持つ大切さ、続けるために何を考え、何をするのか。勝つために必要なことを全てやります」、「有森さんの言葉ひとつひとつに強い意志を強く感じた。強い思いを持ち、行動し、全てをかけて自分に集中し取り組みます」などの感想が寄せられ、改めてプロ意識について考えるきっかけになったようです。

IMG_1080 IMG_1096

IMG_1100 IMG_1104

IMG_1111

写真協力/横浜FC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第29節
2019年10月19日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ