今日の試合速報

Jリーグワールドチャレンジの開催 スカイスクレイパー 左
Jリーグワールドチャレンジの開催 スカイスクレイパー 右

プレスリリース

一覧へ

2017/01/11 16:00

「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」 大会概要決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグは、1月24日(火)~26日(木)にタイで開催する「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」の大会概要を下記の通り決定いたしました。試合日程が確定し、タイ国内で全試合生中継いたします。
また、本日よりチケット販売を開始いたしますので、併せてお知らせいたします。

 

開催概要

■大会名:
日・タイ修好130周年 2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ

(英語名)
130th Anniversary of Japan-Thailand Diplomatic Relations 2017 J. LEAGUE Asia Challenge in Thailand, Interleague Cup

■主催:
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ
タイリーグ社

■協賛社:
株式会社モルテン
True Corporation Public Company Limited (メディアパートナー)

■開催期間:
2017年1月24日(火)~26日(木)

■出場クラブ:
鹿島アントラーズ(2016明治安田生命J1リーグ チャンピオン)
横浜F・マリノス(2016明治安田生命J1リーグ 10位)
バンコク・ユナイテッド(2016タイリーグ2位)
スパンブリーFC(2016タイリーグ10位)

■開催会場:
ラジャマンガラスタジアム (タイ国バンコク)

■大会方式:
Jリーグとタイリーグ間の対抗戦方式(計4試合)
※Jクラブ同士、タイクラブ同士は対戦しない
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。

《勝ち点》
勝利:3点、引き分け:1点、敗戦:0点

《順位の決定》 ※クラブ間ではなく、リーグ間での順位決定。
大会が終了した時点で、勝点合計の多いリーグを上位とし、順位を決定する。
ただし、勝ち点が同じ場合は、以下の順によってリーグの順位を決定する。
①得失点差
②総得点数

上記でも順位が決まらない場合は、両リーグ引き分けとする。

■大会エントリー
1チーム40名以内(外国籍選手は5名まで)

■試合エントリー
1チーム20名以内
(外国籍選手は5名までとする。ただし、試合への同時出場は3名までとし、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手1名を含む場合は4名までとする)

■選手交代
試合中の選手の交代は8名以内とする。

■表彰
優勝:優勝杯

■試合日程

マッチNo. 開催日 キックオフ
※現地時間
対戦カード 会場 タイ中継
1 1/24(火) 16:00 スパンブリーFC vs 鹿島アントラーズ ラジャマンガラスタジアム True
2 19:00 バンコク・ユナイテッド vs 横浜F・マリノス True4U/True
3 1/26(木) 16:00 バンコク・ユナイテッド vs 鹿島アントラーズ True
4 19:00 スパンブリーFC vs 横浜F・マリノス True4U/True

※タイと日本の時差-2時間  例)タイ16:00 、 日本18:00

 

■試合中継(タイ国内):
True:True Visions Group Co., Ltd. (ケーブルテレビ)
http://truevisionsgroup.truecorp.co.th/
※視聴にはTrue Visionsとの契約が必要

True4U:True4U Station Co., Ltd. (地上デジタルテレビ)
http://true4u.truelife.com/

 

■海外チーム紹介:

バンコク・ユナイテッド(Bangkok United)
1988年にバンコク大学FCとして誕生し、2006年にはタイプレミアリーグで初優勝、翌2007年にはAFCチャンピオンズリーグにも出場。その後、2009年に現在のバンコク・ユナイテッドに名称を変更した。2016シーズンは、タイリーグ2位の成績を収め、2017シーズンはAFCチャンピオンズリーグのプレーオフにて、ガンバ大阪と対戦する可能性がある。2017シーズンに向け、現役タイ代表Pokkaw Anan選手を獲得するなど、積極的な補強を展開している。
http://www.bangkokunitedfc.com/

 

スパンブリーFC(Suphanburi F.C.)
1998年にタイ中央地域に位置するスパンブリー県にて創設。2015シーズンはタイプレミアリーグ3位になるなど、近年力をつけている。タイ人とスイス人のハーフで、現役タイ代表、2009年FIFA U-17ワールドカップにU-17スイス代表として出場・活躍したCharyl Chappuis選手を擁し、2017シーズンは更なる飛躍が期待される。2013年より横浜F・マリノスとはパートナーシップ提携し、育成年代で活発な交流活動が実施されている。
http://www.suphanburifootballclub.com/

 

■協賛社紹介:
株式会社モルテン
革新的な技術を生み出し、世界でナンバーワン、オンリーワンの製品を追求している競技用ボールとスポーツエキップメントメーカーで、本大会に試合球「ヴァンタッジオ5000プレミア(品番:F5V5003)」を提供しています。「選手の技術と意志が100%発揮されるとき、スポーツは本物になる」という思いのもと、“For the real game” をモルテンブランドの約束として掲げ、スポーツの更なる発展に貢献し続けています。
http://www.molten.co.jp/

 

True Corporation Public Company Limited
タイ最大手の通信事業会社。携帯電話モバイル事業、有料テレビ事業、インターネット通信事業を柱とする。タイ最大コングロマリットであるCP(Charoen Pokphand)グループに属する。
http://true.listedcompany.com/

 

チケット販売方法

■チケット販売開始日及び販売概要
2017年1月11日(水) 10:00~(タイ時間)
Thai Ticket Major社によるインターネット、店頭販売

◎インターネット販売
以下サイトにて、日本からも購入が可能です。購入にあたり会員登録が必要です。
(英)http://www.thaiticketmajor.com/sport/j-league-asia-challenge-thailand-2017-interleague-cup-en.html
(タイ)http://www.thaiticketmajor.com/sport/j-league-asia-challenge-thailand-2017-interleague-cup-th.html

◎店舗販売の場所
以下サイトにて店舗販売の場所等がご確認頂けます。
(英)http://www.thaiticketmajor.com/helpchart.php
■入場料金:
カテゴリー1 メインスタンド エリア自由  500タイバーツ
カテゴリー2 バックスタンド、両ゴール裏 エリア自由 130タイバーツ

※チケットは試合日単位(1月24日、26日)での販売、各試合日1枚のチケットで2試合観戦できます。
※試合当日、セキュリティ観点から出場クラブサポーターエリアを指定・調整させて頂く場合がございます。

 

■席割図

a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DAZN よくあるご質問
2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL) 2017特集
2017JリーグYBCルヴァンカップ
5月15日はJリーグの日!
ロシアW杯アジア最終予選
2017天皇杯特集
2017 JリーグU-14

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第13節
5月27日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ