今日の試合速報

Jリーグをもっと好きになる情報番組「JリーグTV」
Jリーグをもっと好きになる情報番組「JリーグTV」

人材育成

一覧へ
kagoshima

2017/06/19

「マナー・コミュニケーション研修」開催(鹿児島ユナイテッドFC・U-18)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月23日(火)、鹿児島ユナイテッドFC・U-18の選手を対象に「マナー・コミュニケーション研修」が開催されました。

講師は、Jリーグトップパートナーである株式会社アイデム 人と仕事研究所のパートナー講師である佐藤三佳さん。新人研修をはじめ、これまでにも多くのJクラブで講師を務めていただいており、昨年は鹿児島ユナイテッドFCのトップチームの選手たちが同研修を受講しています。

はじめに今日の研修のゴールとして、鹿児島ユナイテッドFCの一員として感じのいい応対ができること、良い振る舞いを身につけること、が提示されました。現状を知るため、ビデオカメラに向かって自己紹介と一言PRを行い、全員で録画を確認しました。

次に接遇の公式「100-1=0」や第一印象の重要性を学び、最初の10秒を頑張れば良いことがあること、そして第一印象は内容よりも視覚や聴覚からの印象が大きいことを理解しました。

それを受け、目から入る情報を良くするため、口角を上げる、目力を出す、表情筋を柔らかくするといったトレーニングを行いました。また、良い姿勢をつくるコツやきれいなお辞儀の仕方を学びました。

続いて耳から入る情報を良くするため、滑舌をよくする早口言葉の練習、大きな声を出すための腹式呼吸の練習を行いました。

さらにコミュニケーションを良くするための「聴く」トレーニングも実施。目を見て相槌を打つなどしたほうが話し手は話し易く、聴き手はより多くの情報を得ることができることを身をもって体験しました。

最後に、今日学んだことから期限を決めて実施することをそれぞれが決め、改めてビデオカメラの前で決意表明を行いました。最初の自己紹介に比べて意識して笑顔ではっきり話す選手が格段に増え、研修の成果が感じられました。

参加した選手からは、「第一印象の大切さが分かった」「第一印象や立ち方などを意識したことがなかったが、声の出し方などで印象が変わることを学んだ」「聴き方で相手への印象が変わることが分かった」「表情を豊かにするため表情筋のトレーニングを続ける」などの感想、決意表明が寄せられました。

プロ選手を目指すうえではもちろん、進学や就職をする可能性のある選手たちにとって意義のある研修となりました。

 

DSC_3162  DSC_3261

DSC_3215 DSC_3308 (2)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第10節
2021年4月17日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ