今日の試合速報

Jユースカップ決勝 ライブ配信!
Jユースカップ決勝 ライブ配信!

人材育成

一覧へ
okayama

2017/07/07

2017Jリーグ新人研修 地域ボランティアレポート(塚川孝輝、石川隆汰)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月15日(木)に岡山市立幡多小学校にて、岡山市と岡山市教育委員会との協働で実施された『小学校給食交流事業』に塚川孝輝選手と石川隆汰選手が参加しました。

今回の活動には、石毛秀樹選手、櫛引政敏選手、藤本佳希選手、似鳥康太選手も参加しました。

まず初めに、全校放送で児童から「サッカーはよく走るスポーツだけど、体力をつけるために何をしていますか」とインタビューされ、「よく食べて、よく寝るように気を付けています」と塚川選手が答えました。石川選手は、「勉強もスポーツもがんばれるように、しっかり食べようね」と答えたあと教室に移動し、6年生と一緒に給食を食べました。

「小学生のころ宿題はしていましたか」「苦手だった食べ物はありましたか」と給食時間中に選手への質問が始まり、「勉強は得意ではなかったけど、ちゃんと宿題もしていたよ」「苦手な食べ物もサッカーが上手くなるように頑張って食べていたよ」と一人ひとりの目を見て答えていました。

給食後の休み時間には、運動場で全校児童とレクリエーションを行い、塚川選手は6年生とドッジボール、石川選手は2年生と鬼ごっこをして子どもたちと触れ合いました。

最後に6年生から、「とても楽しい1日になりました。これから暑くなってくるので選手のみなさんも身体に気を付けてサッカーをがんばってください。僕たちも応援しています」と選手へ応援メッセージを送ってくれました。

選手たちは、6年生全員とハイタッチをしながら、ありがとうの声に見送られて活動を終えました。

 

<参加選手の感想>

塚川孝輝選手

小学校訪問は初めての経験で緊張しましたが、子どもたちの笑顔やキラキラした目を見ると、自然と笑顔になりました。

一緒に遊ぶ時間では、全ての子どもたちが同じように楽しめるアイディアがあればもっと楽しい時間にできたと思ったので、今後同じような活動があれば工夫したいと思います。

自分の職業が子どもたちに大きな影響を与えることを再確認しましたし、これからも夢を与えられる存在であるように努力したいです。

 

石川 隆汰選手

初めての小学校訪問だったので緊張しましたし、選手として、社会人として相応しい対応をすることが難しく感じました。

給食後の鬼ごっこでは子どもたちと一緒になって走り、小学生の元気の良さに自然と笑顔になりました。

自分自身にとって楽しく充実した訪問になったので、これからも子どもたちの憧れの存在になれるように日々がんばろうと思います。

 

①塚川、石川  ②塚川、石川

③塚川、石川 ④塚川、石川

写真提供/ファジアーノ岡山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

代表親善試合
2019年11月19日(火)19:25 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ