今日の試合速報

ルヴァンカップ スカイスクレイパー 左
ルヴァンカップ スカイスクレイパー 右

人材育成

一覧へ
yokohamafm

2017/07/13

2017Jリーグ新人研修 運営ボランティアレポート(高野遼、原田岳、吉尾海夏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月25日(日)、明治安田生命J1リーグ第16節、横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸戦におきまして、高野遼選手、原田岳選手、吉尾海夏選手の試合運営ボランティア活動を実施しました。

当日は9:30からのトレーニングを終え、14:00に日産スタジアムに集合し、試合前の様々な業務と試合後の片付まで行いました。

まずは社員やボランティアの方々と一緒に来賓席のシートカバー設置を行い、トリコロールメンバーズのサポート業務では訪れるメンバーのカード読み取りと記念品の手渡し、サッカーコーナーでは子供たちと接しながら子供たちが蹴るボールの準備や誘導、マリノスグッズショップでは販売のお手伝い、その後サイン会を行い、関係者・来賓受付対応と来賓への挨拶、最後には来賓席と来賓室の片付と多くの業務を体験しました。初めて試合の準備に関わったことによって多くの方に支えられているということをより実感した一日になったようです。

【参加選手のコメント】

高野遼選手

「運営に参加して感じたことは大勢の方々が関わっていること。試合を作り上げるために事前にどのようなものにしたいかを各リーダーが集まりミーティングし、計画の元にリーダーを中心に各エリア全員がファン・サポーターのために働いていた。その中には地域の方々やボランティア・アルバイトなどマリノスの社員以外の協力もあった。この大勢の方々がひとつの組織となりみんなが協力してひとつの試合を作り上げている。自分たちが試合できるのもマリノスに関わる全ての方々の協力があることを忘れてはいけない。その人達の分も背負ってピッチで戦わなければならない、そうしてマリノスを好きになってくれる人をもっと増やしていきたい。」

原田岳選手

「今回Jリーグの新人研修として運営に携わらせてもらって印象に残ったのはグッズの販売です。次から次へと注文が入りサイズや在庫があるかをいち早く確認し、お客様へ届けるという一連の作業が速すぎて、自分は何もできず立ちつくすだけでした。その中で一番印象に残ったのは、自分の思っていたその何倍、何十倍もの方々が一つの試合をするために働いてくれていることを身を持って体感したことです。こんなに多くの方々が自分たちを支えてくれていると思うと、自分が絶対試合に出て活躍して恩返しをしたいという思いがより強くなりました。」

吉尾海夏選手コメント

「自分は下部組織出身で、ユースやジュニアユースの時に試合運営の話を聞き1試合行うのにたくさんの人に携わっていただいているというのは知っていましたが、今回実際に自分が運営に参加させていただき本当にたくさんの人が携わってくれていて試合が成り立っていると実感しました。

また、今回運営に携わった中でサイン会をしてみて、試合に勝利しファンやサポーターのみなさんを笑顔にするのが一番ですが、日々のファンサービスで笑顔にすることも大事だと思ったので、これからも一回一回を大切に行いたいと思いました。」

新人研修1  新人研修2

新人研修3  新人研修4

新人研修5

写真提供/横浜F・マリノス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
7月29日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ