今日の試合速報

【Jリーグオリジナル】折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン
【Jリーグオリジナル】折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン

人材育成

一覧へ
kumamoto

2017/09/04

「アカデミー選手向けリスクマネジメント研修」開催(ロアッソ熊本)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月9日(水)ロアッソ熊本でユース(U-18)選手22名を対象に「アカデミー選手向けリスクマネジメント研修」が開催されました。

研修のファシリテーターはJリーグ選手OBの黄川田賢司さん。Jリーグ新人選手を対象とした新人研修などでも講師をつとめていただいています。

熊本アカデミー① 熊本アカデミー②

 

 

 

 

 

 

研修のテーマは「リスクマネジメント研修【Jクラブの一員として】」。

注目を集めるJクラブのアカデミー選手として「自分を取り巻くリスクを知り、Jクラブの一員としての自覚を持つとともに、プロサッカー選手になるに相応しい知識と考え方を学ぶ」ことを目的に、ケーススタディを中心としたグループワーク形式の研修を実施しました。

まずは、身の回りにあるリスクを知るためのアイスブレイクを行いました。自分を取り巻く環境―クラブ、地域、学校、家族を中心に、自分の身の回りに潜むリスクを、選手全員で洗い出しました。

熊本アカデミー③

熊本アカデミー④

 

 

 

 

 

講師の黄川田さんからは、この時間はプロサッカー選手になるための「オフザピッチのトレーニング」だというメッセージがあり、研修はスタートしました。

ケーススタディでは、実際にJリーグで起きた事象を例に、なぜそれが問題だったのか、その問題が発生した後の選手やクラブの対応、また、自分だったらその時どうしたかを考え、グループで共有し、意見を発表しました。

ケーススタディを通し、アカデミー選手としてどのような行動が求められているのかを選手自身が自分で「考える」ことで、ひとりの誤った判断が、自分やクラブだけでなく、それを応援してくれるひとにまで影響を及ぼしてしまうということを理解しました。

また、クラブの一員として大切なことはなにかを考えるワークでは、ひとりひとりがこれからリスクとどのように付き合っていくのかを発表してもらいました。選手からは「ロアッソ熊本の一員として周囲の手本になる人間になる」という力強い宣言も飛び出しました。

熊本アカデミー⑤ 熊本アカデミー⑥

 

 

 

 

 

最後に、ユースの監督から今日の研修で学び、考えたことを糧に、これからロアッソ熊本の一員としてしっかり個人で判断して行動してほしいというメッセージがあり、研修は終了しました。

研修後、選手からは「自分一人の行動で、家族、チーム、仲間、スポンサー、Jリーグ全体に迷惑がかかってしまうので、日頃からリスクや誘惑に流されないように注意する」、「自分たちはJリーグ、ロアッソ熊本の一員だということを自覚し、日々行動することが大切だと思った。また今日からプロになるために頑張りたい」、「これからも常にクラブの一員であるという自覚と責任をもって生活し、たくさんの人に夢や希望を与えられる選手になりたい」などの感想が寄せられました。

写真協力/ロアッソ熊本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第15節
2021年5月22日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ