今日の試合速報

【JリーグID対象】オリジナルスマホバッテリープレゼントキャンペーン_left
【JリーグID対象】オリジナルスマホバッテリープレゼントキャンペーン_right

JリーグIDに関するお問い合わせに関して

人材育成

一覧へ
yokohamafc

2018/07/19

「OB交流会」開催(横浜FCユース)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月4日(水)横浜FCのユース選手を対象に「OB交流会」が開催されました。

講師は、選手OBの加地亮さん(C大阪~大分~F東京~G大阪~チーバス(USA)~岡山、2017シーズン終了後引退)。現在は大阪で飲食店「CAZIカフェ」 を経営するほか、Jリーグなどの試合解説やサッカー普及活動など幅広く活躍されています。

今回のOB交流会は、「どの様にサッカーに向き合うか」をテーマにお話しいただきました。

はじめに、加地さんより自己紹介を兼ねて、高校時代からプロになるきっかけ、プロの世界で20年間のキャリアをどのように過ごしてきたかをお話しいただきました。

プロ生活を開始した2年間は生活が乱れ安定したパフォーマンスを発揮する事ができず試合の出場機会を失い、このままでは「自分はプロに生き残れない」と危機感を感じたことから、3年目の期限付移籍を転機に自分の生活を見直し、「規則正しい生活」を送ることを実行しました。

とにかくサッカー中心に生活のルーティーンを作り出すことに集中し、毎朝早く起きてトレーニングの準備をしてトレーニングに臨み、その後ジムやケアを行う生活を1年365日中360日ほぼ毎日続けたそうです。規則正しい生活習慣を身に付けることはとてもきつかったけれど、一度決めたことをやり続けることで、体が鍛えられただけでなく精神的にも忍耐力が養われメンタル的にも強くなったとのこと。

ルーティーンの生活を続けると、ちょっとした体の変化や状態に気づき、多くのことが予測できるようになり、日々の過ごし方、トレーニングや食事などを自ら考えられるようになると、選手それぞれが自分の生活習慣を確立することの重要性をお話いただきました。

また、試合に出場できない時期には、徹底的にスキルアップ「自分の特長を磨くこと」に取り組んだことについてもお話しいただきました。毎日クロスボールの個人練習を2時間行い、周りからは冷めた目で見られることもあったが、それを恥じるのではなく信念を持ち継続することで、自分のスタイルを確立し、結果自身の武器を身に付け日本代表選出にもつながった。どんな時でも手を抜かずどれだけできるかと日々自分に問いかけ、「試合に出られないのは自分に力がない」夢は努力すれば絶対に叶うと強い意志を持ち、目標として先を見るのではなく1日のスケジュールを立てることで、サッカー選手として人間として変化が現れる。1日を大切に過ごせない選手が大きな目標を掴めない、自分を信じて信念を持つことの強さを学びました。

最後に加地さんより「常に自分に問いかけることで、自分と向き合い、自分のなりたい姿を思い、何をすべきか常に考える」と目標を達成するための力強いメッセージをいただきました。

近い距離感で非常にわかりやすくお話しいただき選手たちの聞き入る姿が印象的で、終了後は「自分と向き合って自分がどうなりたいかを考えてそれをどう実行するかを考える!という言葉が印象的だった」「日常生活がプレーにつながってくることを聞き、もう一度自分の生活を見直したい」「24時間365日すべてが自分のプレーにつながっているという意識をもって生活することがプロへの第一歩になる」などの感想が寄せられ、プロサッカー選手を目指す選手たちに大きな刺激をいただきました。

写真提供/ 横浜FC

IMG_6095 IMG_1150

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第13節
2019年5月26日(日)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ