今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

プレスリリース

一覧へ

2018/11/18 18:00

2018Jユースカップ第26回Jリーグユース選手権大会決勝 横浜F・マリノスが8年ぶり2回目の優勝 得点王は栗原 秀輔選手(横浜FM)、MVPは榊原 彗悟選手(横浜FM)が受賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日11月18日(日)ミクニワールドスタジアム北九州にて開催した、『2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会』決勝の結果、横浜F・マリノスユースが清水エスパルスユースを破り、8年ぶり2回目の優勝を飾りました。
また得点王は、8得点を記録した栗原 秀輔選手(横浜FM)、MVPは榊原 彗悟選手(横浜FM)が受賞しました。

JL18536_d47

ⒸJ.LEAGUE

【2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会 決勝】

2018年11月18日(日)13:03キックオフ @ミクニワールドスタジアム北九州(入場者数1,850人)
清水エスパルスユース 1-2 横浜F・マリノスユース
[前半0-1、後半1-1]

<得点者>
38分 [横浜FM] FW 17 栗原 秀輔
67分 [横浜FM] DF   2 木村 卓斗
69分 [清水]   オウンゴール

<大会得点王>
栗原 秀輔選手/8得点(横浜FM)

<大会MVP>
榊原 彗悟選手(横浜FM)

【横浜F・マリノスユース優勝における 原 博実副理事長のコメント】
横浜F・マリノスユースの選手、チームスタッフの皆さん、2010年以来8年ぶりとなるJユースカップ優勝、誠におめでとうございます。ここまで圧倒的な得点力を発揮し勝ち上がり、また本日の決勝でも、各選手の特徴を活かした総合力の高さが際立っていました。
また惜しくも準優勝となった清水エスパルスユースも、ここまで2度のPK戦を制した粘り強さ、また常に前を向いたアグレッシブな姿勢を見せてくれました。
今年の決勝は、多くの選手を日本サッカー界に輩出してきたことで知られる名門同士の対決となりました。お互いの良いところを全面に押し出した両チームの積極的なサッカーには、スタジアムで観ていた多くの方々はもちろん、DAZNやJリーグ公式メディアを通じて視聴いただいた方々も感動したことでしょう。育成年代において、本日のような戦い方は、非常に意味を持つものと考えています。
またミクスタという素晴らしいサッカー専用スタジアムで試合ができたことで、選手たちも大変楽しそうにプレーしていました。大会運営にご協力いただいた皆様、そしてともに大会を盛り上げてくださった朝日新聞社様、日刊スポーツ新聞社様、関係者の方々に心より御礼申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第26節
2022年8月21日(日)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ