今日の試合速報

FNJ1018 松本vs鹿島
FNJ1018 松本vs鹿島

人材育成

一覧へ
yokohamafc

2019/08/29

「アスリート交流会」開催(横浜FC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月21日(水)横浜FC及びニッパツ横浜FCシーガルズ選手・スタッフ20名を対象に「アスリート交流会」が開催されました。

講師は、元プロボクサーで第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンの木村悠さん。現在は、ボクシングの解説や講演活動をされています。

木村さんは、中学時代にボクシングと出会い、習志野高校ボクシング部に入部。大学進学後は、1年次で全日本選手権ライトフライ級優勝。2006年に帝拳ジムからプロデビューし、2014年2月に日本ライトフライ級王座獲得。2015年11月にはWBC世界ライトフライ級王座獲得に成功致しました。2016年3月の初防衛戦を最後に引退されています。

講義のテーマは「目標を叶える為に~二刀流で世界チャンピオン~」。今回の交流会では、商社マンとして働きながら世界チャンピオンになるまでの心境の変化や転機、出来事を伝えて頂きました。

講演の冒頭、アイスブレイクを行い緊張気味の選手も一気に和らぎ、積極的に参加することが出来ました。また、選手はミット打ちを体験させて頂き、また木村さんのパンチを間近で見て元世界チャンピオンの凄さに驚きの声を上げていました。

プロ6戦目に初黒星を喫し、自分を見つめ直す中で、会社員として就職し働きながらボクシングを続ける決断をしました。そして、「サラリーマンで世界チャンピオンではなく、サラリーマンをやっていたから世界チャンピオン」と、仕事がボクシングに活き、ボクシングが仕事に活きた経験をお話頂きました。

仕事と競技を両立する中で、「他人と比べてもしょうがない。自分の才能を信じ、活かして、自分のスタイルを作っていった」とおっしゃっていました。

また、WBC世界ライトフライ級で王座を獲得した経験から、「人間力」「感謝の心」「プラス思考」の重要性を選手へ伝えて頂きました。

木村さんが世界チャンピオンになる為に経験されたお話は、選手達にとって興味深く、日々を見つめ直す良いきっかけになったと思います。

選手達は「応援される選手になる事」「自分との向き合い方」「諦めない気持ち」など、今回のお話から沢山の刺激を受けることが出来ました。

1 2 3 4

写真提供/横浜FC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第29節
2019年10月19日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ