今日の試合速報

【Jリーグオリジナル】折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン
【Jリーグオリジナル】折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン

人材育成

一覧へ
yamaguchi

2019/09/11

「アスリート交流会」開催(レノファ山口FC・トップチーム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月4日(火)にレノファ山口FC・トップチーム選手対象に、「アスリート交流会」を開催致しました。

講師には、元バレーボール全日本代表の諸隈直樹さん。諸隈さんは、バレーボール選手を引退後にプロゴルファーを目指し活動し、現在はデサントジャパン㈱にて仕事をされています。

今回の交流会では、選手にアスリートとしての日々の生活の大切さや、活動していく中での基準作りなど、トップアスリートとして何が大切なのかを再認識してもらう機会として開催致しました。

今回の交流会のテーマは「覚悟」と「行動」です。

まず、諸隈さんの競技生活のお話の中で、競技者から指導者への転向、また他競技への挑戦などのお話をされました。諸隈さんの今までの人生の中で4回の転機があったこと、そのすべてを自分で決断し、それが自身の成長につながっているというお話をしていただきました。

また、選手から指導者になる中で、主語が「自分」から、「みんな、チーム」へと変化していったこと、しかし選手時代からそのような視点を持つことができれば、もっと良かったと気づけたことなどをお伝えいただきました。これは、若い年代の選手が多い私たちには非常に重要な視点であると改めて感じることができました。

自分自身の経験を踏まえ、あえて苦しい道を選ぶ、自分のルールを作る、短所を伸ばす、想いを伝える、の4点を大切に過ごしてきたそうです。特に印象的であったのは、自分のルールを作るという部分で、諸隈さんは選択を迫られた時には、自分が男としてかっこいい方を選ぶように意識してきたとのことでした。これには選手たちも大変共感し、今後の生活に取り入れるように意識すると感じたようです。

さらに、挨拶、規律を守る、ルールを守る、努力する、最後まであきらめないということも大切にしてほしい。とのお話もありました。社会人として大切ですし、スポーツの世界はこれを学ぶ機会が多いこと、それをチャンスとして捉えてほしいとのお話をしていただきました。

そしてその積み重ねが、未来の自分を創ること、そしてそれを選択するのは自分自身の基準を持つこと。そして、ぶれない自分を創ることが「覚悟」と「行動」につながるのだとお話しいただきました。「覚悟」があれば「行動」ができる、その「行動」に「覚悟」があれば絶対に成長できるし、必ず周りが応援してくれる。そのためには、自分がぶれない基準をもっているかが大切であるとお話しいただきました。

最後に、「今ベストを尽くすことを大切に」とメッセージを頂き、交流会は終了致しました。

終了後に選手たちは、「改めて自分自身がぶれないこと」「自分で基準を作ること、かっこいい方を選ぶという考え方に共感した」「当たり前のことを、当たり前に続けて行動していくことの大切さ」を感じたとの感想が寄せられました。

① ② ③

写真提供/レノファ山口FC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第15節
2021年5月22日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ