今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

プレスリリース

一覧へ

2019/11/25 17:00

2019Jリーグアウォーズ ゲストプレゼンター決定のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来る12月8日(日)18:00から開催するJリーグの年間表彰式「2019Jリーグアウォーズ」のゲストプレゼンターを下記のとおり決定いたしました。
今年は、今シーズンDAZNアンバサダーを務められた木梨憲武さんをはじめ、栄えある表彰式にふさわしく、各界でご活躍されている方々に花を添えていただきます。
栄えある賞の受賞者に送られる副賞は、Jリーグオフィシャルパートナーをはじめとする企業の皆様にご提供いただいています。

【2019Jリーグアウォーズ】

●開催日時 2019年12月8日(日) 18:00~20:00(予定)

●会場 都内ホテル

●出席(予定)
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ チェアマン 村井 満 他Jリーグ関係者
2019明治安田生命J1・J2リーグ優勝クラブ監督・選手
(選手はJ1:5名程度、J2:3名程度予定)
各賞受賞者
※EAFF E-1サッカー選手権2019日本代表選手は出席しません

●配信   DAZN(ダゾーン)

●総合司会   矢部 浩之/新井 恵理那

●プレゼンター
EXILE AKIRA:パフォーマー・俳優
足立梨花:女優、タレント(Jリーグ名誉女子マネージャー)
木梨憲武(とんねるず):DAZNアンバサダー・俳優・タレント・アーティスト
佐々木則夫:前サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)監督
蝶野正洋:プロレスラー
土田晃之:お笑いタレント
常田真太郎(スキマスイッチ):ミュージシャン
中川絵美里:フリーキャスター
ローランド:ホスト・実業家

 

※main※AKIRA_A写+

 

 

 

 

 

 

■EXILE AKIRA(えぐざいる あきら)
パフォーマー・俳優/1981年8月23日 生まれ 静岡県出身

磐田東高校に進学しサッカー部に所属。高校時代にはサッカー合宿でイギリス・ロンドンを訪れている。
16歳でダンスを始め、2006年、EXILEにパフォーマーとして加入。
現在は、EXILE、EXILE THE SECONDの活動の傍ら、俳優としてドラマや映画で活躍している。2009年に映画『ちゃんと伝える』で主演を務め、『日本映画批評家大賞』新人賞を受賞。
2017年よりアジアから初となるラルフローレンのアンバサダーに就任し、本年度の9月には、ついにグローバルのモデル&アンバサダーとしてラルフローレンの世界の顔となった。

足立梨花+

 

 

 

 

ⒸSEIJI MEGA

■足立 梨花(あだち りか)
女優・タレント/Jリーグ名誉マネージャー/1992年10月16日生まれ 長崎県出身

第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン2007グランプリを受賞し芸能界入り。2008年、映画『愛流通センター』で主演デビュー。
2010年Jリーグ特命PR部女子マネージャーとして活動。就任直後から全37クラブ(当時)のホームスタジアムを訪問し、Jリーグの魅力を精力的にPRした。その功績を讃えられ、2013年からJリーグ名誉女子マネージャーとなった。
以後、NHK朝の連続ドラマ小説などに出演。映画、ドラマで女優として存在感を表すだけではなく、タレントとしても活躍するなど、マルチな才能を見せている。

kinashiトリミング

 

 

 

 

 

ⒸDAZN

■木梨 憲武(とんねるず/DAZNアンバサダー)(きなし のりたけ)
俳優・アーティスト/1962年3月9日生まれ 東京都出身

1980年、『お笑いスター誕生』で10週勝ち抜きグランプリ獲得し、お笑いコンビ「とんねるず」の一人としてデビュー。『とんねるずのみなさんのおかげです』や『ねるとん紅鯨団』など社会現象を生んだバラエティー番組を生み出した。
とんねるずとして活躍する一方、画家としても活動しており、1994年に「木梨憲太郎」名義で初個展を開催。現在は2020年まで『木梨憲武展』が開催されている。
また、名門帝京高校サッカー部の出身で、サッカー愛も深く、G大阪の「GAMBA EXPO 2019」記念ユニフォームをデザインするなど、幅広く活躍している。

sasakinorio-hp+

 

 

 

 

 

 

■佐々木 則夫(ささき のりお)
サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)前監督/1958年5月24日生まれ 山形県出身

帝京高から明治大を経て電電関東入部。現役引退後、指導者となり、2007年からなでしこジャパン(日本女子代表)監督に就任。2008年の東アジア女子選手権で日本女子代表史上初のタイトルを獲得。同年の北京五輪では準決勝に進出し、初の世界大会4位。2011年のFIFA女子W杯ドイツ大会では、世界一に導き、なでしこジャパンとして国民栄誉賞と紫綬褒章の栄誉に浴した。同年度のFIFA年間表彰式において、アジア人として初となるFIFA女子世界年間最優秀監督賞を受賞。2012年ロンドン五輪では、男女を通じて日本のサッカー史上初のオリンピックでの銀メダル獲得。
2015年FIFA女子W杯カナダ大会で、2大会連続決勝進出の上準優勝に導いた。
代表監督退任後、十文字学園女子大学副学長、大宮アルディージャ トータルアドバイザーに就任。
2018年、日本サッカー協会理事に就任。日本サッカー界に貢献した功績が評価され、2019年9月、第16回日本サッカー殿堂に掲額された。

蝶野正洋+

 

 

 

 

Ⓒアリストトリスト

 

■蝶野 正洋(ちょうの まさひろ)
プロレスラー/1963年9月17日生まれ 東京都出身

1984年、新日本プロレス入門。1991年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、1992年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。1996年にはnWoジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成。その後、フリーとなったが、いまなお絶対的な存在感を放ち、黒のカリスマとして、プロレス界に君臨。
現在はリング以外にも活動の幅を広げ、TV、イベント、講演に出演するなど、多方面で活躍。
テレ朝ちゃんねる2「ワールドプロレスリングオレの激闘!ベスト5」MCを務めているほか、コメンテーターとしても活躍中。近年は「AED救急救命」ならびに「地域防災」の啓発活動に力を入れており、2014年7月には一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立。
(公財)日本消防協会「消防応援団」、(一財)日本AED財団「AED大使」を務め、行政をはじめとする消防広報の支援活動を行っている。

土田宣材+

 

 

 

 

 

Ⓒ小島マサヒロ

■土田 晃之(つちだ てるゆき)
お笑いタレント/1972年9月1日 東京都生まれ 埼玉県出身

1991年にお笑いコンビ・U-turnを結成。U-turn解散後、ピン芸人へと転向。
アニメ、家電、サッカーなどに造詣が深く、「この差って何ですか?」「欅って、書けない?」「土田晃之の日曜のへそ」など、テレビやラジオなど数多くの番組に出演中。
趣味は、ウォーキングと月1回の後輩芸人とのフットサル。

スキマスイッチ+

 

 

 

 

 

 

■常田 真太郎(スキマスイッチ)(ときた しんたろう)
ミュージシャン/1978年2月25日 生まれ 愛知県出身

大橋卓弥との出会いをきっかけに1999年、スキマスイッチを結成。2003年にシングル「view」でメジャーデビュー。大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトで「奏(かなで)」「全力少年」 など、ヒット曲を次々と生み出す。
ユニットでの活動と並行し、自身のレーベル「doppietta(ドッピエッタ)」 での活動他アーティストの楽曲アレンジ、プロデュースを行っている。
スキマスイッチでピアノ、コーラス、オルガン、トータルサウンドトリートメントを担当。キーボーディスト、音楽プロデューサーとしても活躍。大のサッカー好きで、中村憲剛(川崎F)とも親交が深い。

中川絵美里+

 

 

 

 

 

 

■中川 絵美里(なかがわ えみり)
フリーキャスター/1995年3月17日生まれ 静岡県出身

2016年フリーキャスターとして、タレント活動を始める。同年2月から『Jリーグマッチデーハイライト』(スカパー!)に出演。2017年2月からは『Jリーグタイム』(NHK BS1)のキャスターを務め、同年4月から日本テレビ系平日早朝の情報番組『Oha!4 NEWS LIVE』にてスポーツキャスターを務める。
趣味:スポーツ観戦(サッカー、野球)
特技:チアダンス、ピアノ、声楽
資格:JFAサッカー4級審判、野球知識検定

ローランド宣材+

 

 

 

 

 

 

■ローランド
ホスト・実業家/1992年生まれ 東京都出身

高校卒業後すぐに大学を中退し18歳でホストデビュー。
1年間の下積み時代を経た後、歌舞伎町の数々の最年少記録を更新し20歳にして当時所属していた店舗の代表取締役に就任。2013年KG-produceに現役ホストとしては史上最高額の移籍金で移籍。その後は数々のテレビ番組に出演するなどタレントとしても活躍。2017年度に4200万円を売り上げ、店舗最高記録を樹立すると共に年間売り上げも1億7000万Over。2018年には月間6000万を売り上げグループの個人最高売り上げ記録を樹立。名実共に歌舞伎町のトップホストとして現代ホスト界の帝王と称されている。柏レイソルジュニアユース、名門帝京高校のサッカー部出身という意外な経歴も持ち合わせている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ