今日の試合速報

折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン
折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン

人材育成

一覧へ
shonan

2019/12/16

2019Jリーグ版よのなか科実施(湘南ベルマーレU-14 WEST)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月5日~12月8日にかけて、湘南ベルマーレU-14WEST所属選手(21名)を対象にJリーグ版よのなか科を実施致しました。

プログラムの進行役は、U-15WEST監督の森内隆也さん。

湘南ベルマーレとしてよのなか科は毎年実施していますが、WESTチームが取り組んだのは今回初めてになります。今年はU-15(U-13の選手対象)とU-15WEST(U-14の選手対象)の2チームが別々に開催する新たな試みとなりました。プロサッカー選手になる為に、目指すために。サッカーに限らず、一歩踏み込んだ、クラブの経営やJリーグの理念、サッカーをとりまく職業、職業に必要な「意志」「役割」「能力」、選手自身の5年後のキャリアイメージプランについて考える非常に有意義な時間となりました。

第1回の「Jクラブをとりまく“お金”から仕組みを考える」では、セールスユニット、雲出哲也さんからクラブのお金の流れやスポンサーとの関わり、チケット販売について多岐に渡りました。平塚から湘南に変わっていったベルマーレの歴史を振り返りながら話しをして頂きました。

第2回の「Jリーグがめざすものを考える」では、Jリーグが掲げている理念とクラブをうまくリンクさせながら地域と共存していくことの大切さを学んだ機会となりました。

第3回、第4回は“職業”をテーマに、社外からは湘南ベルマーレコンディショニングセンター院長の高橋厳一さんから仕事を始められた経緯、内容、興味深い話しを聞くことが出来ました。

高橋さんは元々サッカー選手だったこともあり、自分が選手として大成できなかったこと、また、サッカー界に恩返しをしたいという思いは、選手、保護者の方にも大きな印象を与えていました。社内からは、プロモーションユニットの猪狩佑貴さんを招き、ベルマーレの魅力を世の中に発信、伝えることの大切さを意思、役割、能力の視点で伝えて頂きました。特に猪狩さんはアカデミー出身、このベルマーレでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせたということで、アカデミー時代の出来事や、どんな過ごし方をしていたのか?選手達にとっては非常に興味のある話しを聞けたと感じています。

そして最終回。第5回の「自分のキャリアイメージプランを考える」では、自身の5年後について、主観的にそして客観的に見つめることが少しずつではありますができたような気がします。ビデオインタビューにはなりましたがアカデミーの先輩である、トップチームの齋藤未月選手の話しを聞くことで更に自分もこうなりたいと強く思えたことでしょう。

最後の発表でも、1回目と比べ自分の意見を少しではありますが伝えている選手を目の当たりにした時に成長を感じることが出来ました。彼らの今後をクラブ全体で温かく見守っていきたいと思います。

森内 隆也 - 1-2 森内 隆也 - 2-3 森内 隆也 - 3-5 森内 隆也 - 4-3 森内 隆也 - 5-4

写真提供/湘南ベルマーレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第13節
2021年5月9日(日)17:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ