今日の試合速報

J撮り(4月)
J撮り(4月)

人材育成

一覧へ
kitakyushu

2019/12/27

「コミュニケーション研修(聴く力伝える力編)」開催(ギラヴァンツ北九州U-18)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月28日(木)、ギラヴァンツ北九州U-18を対象に「コミュニケーション研修(聴く力伝える力編)」が開催されました。

講師は、株式会社アイデムのパートナー講師、佐藤三佳さん。

今回の研修の目的は、社会生活及びチーム活動で信頼関係を築くために必要なコミュニケーションの基本スキルを学ぶことです。

本日のゴールとして3つのイメージを伝えていただきました。1つ目は、クラブの一員として多様な価値観を受け入れることが重要だと理解すること。2つ目は、コミュニケーションは状態が伝わることを知り、自ら心地よい環境を作るよう試みることができるようになること。3つ目は、傾聴スキル、伝えるスキルを知り、継続して自主学習できる状態になることです。

サッカー選手として聴く力・伝える力の向上が必要な理由として、以下の2点があげられます。一つ目は、円滑なコミュニケーションを取れることによってチームメイトや監督コーチと信頼関係を築くことができるからです。もう一つは、自分の能力発揮をするためには自分のことを周囲に知ってもらう必要があり、伝える力が求められるからです。また、今回のワークを通して、他人から指摘を受けて自分が認識していなかった自分に気づくことが個人のレベルアップに繋がりチーム活動にとっても重要であるということを選手たちが体感することができました。

相手を理解するための「聴く力」のワークでは、カラダで聴くということを体感しました。2人組で一方が「最近起きた楽しかった出来事」を話し、もう一方が言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの一致・不一致という観点から4種類の聴き方を実践しました。それぞれの聴き方により、話し手がどのように感じるかを体感することができました。

最後に、考え方や意見が異なる相手に対して自分の気持ちを伝える対話方法を学び、2人組で総合演習「聴く力」「伝える力」のトレーニングとフィードバックをして全研修が終了となりました。

90分間非常に充実した中身の濃い研修となりました。参加した選手たちは、オープンな姿勢で話を聴くことで相手の印象も変わるということを体感し、また、伝え方にはテクニックがあり自分の伝え方を工夫することで自分のことをわかってもらうことができるということを学びました。この経験を活かし日常から意識して実践していきたいとの感想が多く出ました。各個人が作った目標に対して取り組んでいくことをスタッフからも促していきたいと思います。

VSUQt5xg 4azl7iIw GJeLeKaQ z6qs6uTw

写真提供/ギラヴァンツ北九州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第11節
2021年4月24日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ