今日の試合速報

AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL)2020グループリーグ日程
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL)2020グループリーグ日程

プレスリリース

一覧へ

2020/06/08 11:00

懲罰決定について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公益社団法人日本プロサッカーリーグ 村井 満チェアマンは下記の件について裁定委員会に諮問し、京都サンガF.C.に対し下記のとおり懲罰を決定しましたのでお知らせいたします。

1.対象事案
2020 年2 月9 日(日)、サンガスタジアム by KYOCERAにおいて開催された、2020Jリーグプレシーズンマッチ 京都サンガF.C.vs セレッソ大阪(以下、「本件試合」という)において、京都サポーターが、ホーム側ゴール裏スタンドで、人種差別主義を標ぼう・実践したナチスドイツの親衛隊が使用した、交差した骨の上にどくろが乗るデザインと酷似し、一般人に自然にナチスドイツを連想させ得るデザインを表示した旗(以下、「本件旗」という)を振った。

2.懲罰内容
罰金100 万円

3.懲罰理由
京都サポーターは、2010 年に本件旗と酷似した旗をその前年に振っていた者から譲り受け、2019 年までほぼ全てのホームゲームで振っていた。その後、新スタジアムのオープンに合わせて本件旗を新調し(外見上大きな変更はない)、本件試合において振った。

Jリーグは、FIFA 及びJFA と連携しながら反人種差別の取組を進め、2017 年に本件と同種の事案が発生した際にも各クラブに注意喚起を図ってきたが、京都は、横断幕などについては試合会場において不適切なものがないか目視確認していたものの、個別に旗のデザインについてまでは目視確認しておらず、本件旗が長期間にわたりほぼすべてのホームゲームで振られるのを結果として看過した。

一方、本件については以下の酌量すべき事実がある。
① 京都サポーターは本件旗のデザインの意味を理解せず、差別的意図を有しないままに本件旗を振っていた
② 京都において、サポーターによる差別的行為は初めてであったが、本件事象が発覚した後、SNS 等で事態の重大さを速やかに把握し、実行者の特定に至った
③ 自クラブホームページで速やかに謝罪するとともに、今後のホームゲームで差別的思想を連想させる旗、横断幕等の持ち込み並びに掲出の禁止を発表しているほか、実行者に対し、厳重注意を行った
④ 2020 年2 月23 日に開催された2020明治安田生命J2リーグ第1 節アウェイ山口戦において、スタッフが旗デザインのチェックを実施し、再発防止に向けすぐに具体的行動に着手した
⑤ 横断幕・旗デザインの事前承認制度を新設するとともに、スタジアム内の監視体制の整備やサポーターの理解促進、再発防止のための啓発に積極的に取り組んでいる

以上より、本件懲罰を決定するものとする。

4.適用条項
『Jリーグ規約』
第133 条[Jリーグにおける懲罰]第1 号
※なお、量刑の判断においては、第153 条[1,000 万円以下の罰金]を参照して判断

『JFA懲罰規程』
JFA懲罰規程別紙1.3-5[差別](3)

<参考>Jリーグ規約

第133 条〔Jリーグにおける懲罰〕
Jリーグは、JクラブまたはJクラブ関係者による本規約、JFA懲罰規程その他の諸規程の違反行為について、次の各号の定めに従い懲罰を科すものとする。
① 競技および競技会に関する違反行為に対しては、JFA懲罰規程に基づき懲罰を科す
② 競技および競技会に関するもの以外の違反行為については、本規約に基づき懲罰を科す

第153 条〔1,000 万円以下の罰金〕
次の各号のいずれかに該当する場合は、1,000 万円以下の罰金を科す。
① 第3条〔遵守義務〕第5項、第6項または第7項に違反した場合
② 第26 条〔Jクラブの健全経営〕第3項に違反した場合
③ 第30 条〔役職員等の禁止事項〕第1項に違反した場合
④ 第49 条〔ユニフォーム〕第1項、第2項または第3項に違反した場合
⑤ 第110 条〔契約等〕第3項に違反した場合

<参考>JFA懲罰規程別紙1

3-5.差別
人種、肌の色、性別、言語、宗教、又は出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言又は行為により、個人あるいは団体の尊厳を害した場合、以下のとおり懲罰を科すものとする。但し、軽度の違反の場合は、譴責若しくは戒告、その他軽度の懲罰に留めることができる。
(1)違反者が選手等(アマチュア選手を含む)の場合は、違反当事者に対して、原則として最低5試合の出場停止処分及び10万円以上の罰金を科す。
(2)同一のチームに所属する複数の個人が同時に本条に違反した場合は、当該チームに勝点の減点処分(初回の違反は3点、二度目の違反は6点)を科す。さらなる違反の場合は、下位ディビジョンへの降格処分を科す。なお、勝点が伴わない競技会の場合は当該チームの競技会への参加資格を剥奪するものとする。
(3)違反者がサポーターの場合は、その有責性にかかわらず、当該チームに対して40万円以上の罰金を科す。重大な違反には、観客のいない試合の開催、試合の没収、勝点の減点、又は競技会の資格剥奪などの追加的な懲罰を科す。
(4)違反者が観客(サポーターを含む)の場合は、最低2年間、スタジアムへの入場を禁止される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第30節
2020年11月28日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ