About Jリーグ

Jリーグ百年構想

2015シーズンのアジア諸国でのJリーグ放送状況

アジア圏での放送拡大

インドネシア、ミャンマー、シンガポール(※)では、日本コンテンツ専門チャンネルWAKUWAKU JAPANにてJリーグの放送が行われています。この他、2015シーズン現在アジアを中心に世界36の国と地域にてJリーグの試合が、毎節最大4試合放送されています。今後もさらにアジア諸国でのJリーグの放送を拡大していきます。

Jリーグは、諸外国での試合放送の促進と、各国とのパートナーシップ協定などによるノウハウのシェアや現地での活動の両方がなければ、Jリーグがアジアサッカー市場を牽引する存在になれないと考えています。

2012シーズンから始まったアジア諸国でのテレビ放送、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イランとのパートナーシップによる諸活動によって実績を積み、今後もアジアサッカー市場の拡大を目指して現在の各事業の拡大や、今後新たな事業を展開していきます。

※シンガポールは7月6日にWAKUWAKU JAPANが開局されるため2ndステージから放送となります。

2015シーズンのアジア諸国でのJリーグ放送状況
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUE TOP PARTNERS

TOP

Jリーグオリジナルスマホバッテリーが100名様に当たる! 閉じる