About Jリーグ

Jリーグ百年構想

クラブ経営者の育成・強化

1993年のJリーグスタートからクラブ数は当初の10から40まで増え、クラブ数の拡大によって、その置かれている環境も地域ごとに多様性が増してきています。
このような環境変化の中で、Jクラブの経営はより複雑となり、クラブ経営に関わる人材にもまた、それに見合った高い専門性が求められています。
これらの課題を解決するために、Jリーグとしてのベストプラクティス・ナレッジを共有することを最大の目的とし、次代を担う人材の育成、啓発、普及に特化した活動に取り組んでいきます。
また、2008年にリニューアルした「ゼネラルマネージャー(GM) 講座」(開催は1999年~)の修了生(2期26名)に対しては、毎年フォローアップの機会を設け、彼らの継続的な学びを支援しています。
こうした取り組みの中で排出される人材が「Jリーグ百年構想」の実現に寄与し、Jリーグの更なる飛躍の礎となることを目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUE TOP PARTNERS

TOP

dポイント10,000ポイントを300名様にプレゼント! 閉じる