About Jリーグ

Jリーグ百年構想

Team As One

Team As One

チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-

チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-

Jリーグは、2011年の東日本大震災の発災を受け、「チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-」というスローガンのもと義援金募金や復興支援活動を行いました。
それ以来、大きな災害が発生した際は全クラブが「TEAM AS ONE」を掲げ、一斉募金などを行っています。お預かりした募金は、発生直後は生活者の方への支援を第一に、原則として公的な機関に義援金として寄付をし、一定の期間経過後はTEAM AS ONE基金に組み込んでJリーグ・Jクラブの行う復興支援活動の原資としています。
このロゴマークは、その思いを表す象徴として、5つの「チカラ」が「ひとつ」に団結して支援の輪が広がっていく様子をイメージしたものです。さらには、ひとつのボールのもとに、世界中(5大陸)の今後もこのスローガンのもとに、より一体となって進めていきます。


◆復興支援活動とは
 現地ニーズを勘案した物資の寄贈、被災地訪問、被災地からのご招待など

募金は、各クラブが行う独自の復興支援活動に活用したり、クラブが選択した公的機関やNPO団体等に寄付することもあります。

TEAM AS ONEの対象となるのは、内閣府によって激甚災害指定を受けるもしくは受けることが想定され、当該地域の人々およびJクラブに甚大な被害をもたらし、支援が必要とチェアマンが判断した災害となります。現時点では以下の4つの災害が対象です。

東日本大震災、熊本地震、平成30年7月豪雨災害、北海道胆振東部地震

引き続き、みなさまのご協力よろしくお願いいたします。

募金額のご報告 »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUE TOP PARTNERS

TOP

dポイント10,000ポイントを300名様にプレゼント! 閉じる