Jリーグにできること

Jリーグにできること

STAY HOME SAVE HOME

J.LEAGUE

初めに、このような困難な状況の中で、私たちの生活を最前線で支えてくださっている医療分野や物流、
公共交通機関などに従事される方々に改めて感謝申し上げます。

1993年5月15日、ヴェルディ川崎vs横浜マリノスの試合でJリーグは幕を開けました。
あれから27年の時を経て、私たちは39の都道府県に広がる56のクラブとともに、歩みを続けています。

今、世界中で、新型コロナウイルスという、いまだかつて経験したことのない脅威に直面し、
Jリーグは初めて、サッカーのない5 月 15 日を迎えています。
現在、Jリーグは試合を中断していますが、多くのファン・サポーターの皆さまの期待に応えるべく、
選手たち、クラブ関係者、リーグスタッフ、パートナーの皆さまなどと手を携え、
ワクワクするようなサッカーをお届けする日を目指して、全力で準備を進めています。

私は、スポーツが持つ可能性を、誰よりも信じています。

スポーツは、地域の子どもたちに笑顔や夢や希望を与えることができるかもしれません。
ご高齢の皆さまには、健康と生きがいをお届けすることができるかもしれません。
最近では、シャッター通りも目立つ地方都市に、にぎわいを取り戻すことができるかもしれません。

スポーツを愛する皆さま、地域を愛する皆さまと一緒なら、どんな困難も乗り越えられると信じています。
前を向いて、今「Jリーグにできること」を常に考え、
これから広がる新しい、希望に満ちた風景をともにつくっていきましょう。

2020年5月15日
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ 
チェアマン 村井 満

いま日本では、地域ごとに再開の動きが多様化し、「STAY HOME」の状況から、日常生活や経済活動を取り戻す試みが少しずつ始まろうとしています。

行動の自由が広がるこれからも、新型コロナウイルスと懸命に闘われている方々や、最前線で立ち向かい、私たちの命や社会を守ってくださっている方々の存在を胸に刻み、ふたたび感染拡大を引き起こさないためにも、私たち一人ひとりができることを徹底しながら前に進むことが必要です。

「SAVE HOME」を合言葉に、あなたと家族、仲間、そしてあなたのホームタウンを守りながら前に進む。守りを固めながらも、常にゴールを目指すサッカーのように。

この闘いに皆で勝利するための、決意のメッセージです。

WHAT'S NEW

  • 「Jリーグにできること」特設ページを公開しました。

01FOR SOCIAL

感染予防や、医療崩壊といった
社会課題を未然に防ぎ、
広く社会やホームタウンを守るために
Jリーグにできることをまとめています。

VIEW MORE

02FOR FANS・SUPPORTERS

ファン・サポーターのみなさまが
様々な制約の中でも
Jリーグ、サッカーを楽しむことができる
コンテンツや企画をまとめています。

VIEW MORE

03FOR FUTURE
J.LEAGUE PLAYERS

コロナ禍で練習ができない、
将来のプロサッカー選手を目指す子どもたちや、
無限に広がるスポーツの未来を育むために
できることをまとめています。

COMING SOON

再開に向けた Jリーグの取り組み

リーグ再開に向けてのあらゆる情報や、
新型コロナウイルスに関する
取り込みをまとめています。

VIEW MORE