Jリーグにできること

特例ルールの内容

新型コロナウイルス感染拡大の影響による規約の追加および変更についてご説明します。
さらに詳細を確認したい場合はページ下部の「Jリーグ規約(改訂版)」と「改定内容一覧表」をご確認ください。

新規追加 変更箇所

  1. 2020年シーズンにおけるJ1クラブ・J2クラブの入れ替え
    1. (1) 第19条の定めにかかわらず、2020年シーズンにおけるJ1クラブ・J2クラブの入れ替えは、以下の定めに従う

      1. J1からJ2への降格は行わない
      2. J2における年間順位の上位2クラブがJ1に昇格する
      3. J1参入プレーオフは行わない
      4. 第2号の定めにかかわらず、J2における年間順位の上位2クラブのうちJ1クラブライセンスの交付判定を受けられなかったJ2クラブがあった場合は、当該J2クラブはJ1に昇格できない。この場合において、J2における年間順位3位以下のJ2クラブがJ1に昇格することはない。
    2. (2) 前項の定めにかかわらず、2020年シーズン終了時点において、J2リーグ戦が第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさなかった場合、J2クラブのJ1への昇格は行わない。
  2. 2020年シーズンにおけるJ2クラブ・J3クラブの入れ替え
    1. (1) 第20条の定めにかかわらず、2020年シーズンにおけるJ2クラブ・J3クラブの入れ替えは、以下の定めに従う

      1. J2からJ3への降格は行わない
      2. J3における年間順位の上位2クラブがJ2に昇格する
      3. 前号の定めにかかわらず、J3における年間順位の上位2クラブのうちJリーグクラブライセンスの交付判定を受けていないJ3クラブがあった場合は、当該J3クラブはJ2に昇格できない。この場合において、J3における年間順位3位以下のJ3クラブがJ2に昇格することはない
      4. J1およびJ2クラブが編成するU-23チームがJ3リーグに参加している場合における本条の取り扱いについては、「J3リーグへ参加するJ1およびJ2クラブが編成するU-23チームに関する特則」によるものとする。
    2. (2) 前項の定めにかかわらず、2020年シーズン終了時点において、J3リーグ戦が第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさなかった場合、J3クラブのJ2への昇格は行わない。
  3. リーグ戦の成立要件

    リーグ戦は、それぞれのリーグにおける年間予定総試合数の75%以上が開催され、かつ当該リーグの全てのクラブについて年間予定総試合数の50%以上が開催された場合に成立するものとする。なお、リーグ戦の成立は、リーグごとに個別に判定するものとする。また、本条の「開催」には、第63条第2項第3号に基づき成立した試合および第64条に基づき敗戦とみなされる試合を含む。

  4. 観客の入場を制限する試合の決定

    新型コロナウイルス感染症の影響によりやむを得ないと判断される場合、チェアマンは、Jクラブと協議の上、公式試合の観客の入場を一部または全部制限する旨の決定を下すことができる。当該入場が制限される試合を、以下「入場制限試合」という。

  5. エントリー
    1. (3) 前項に定める各試合にエントリーできる者は、以下各号に定める要件をいずれも満たす者に限られるものとする。ただし、チームスタッフのうち、ドクターについては第1号の規定を適用しないものとする。

      1. Jリーグ規約第52条の2に定める新型コロナウイルス感染症に関する公式検査(以下「公式検査」という)のうち、エントリーする各試合に対して予め指定された検査(以下「指定公式検査」という。)において陰性判定を得ていること
      2. エントリー時点で体温が37.5度未満であること
      3. いわゆる濃厚接触者の認定や入国制限地域からの入国等により、公的機関から自宅待機等の指示を受けている状態でないこと
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響下での試合開催可否判断方法
    1. 公式試合を行うチームがエントリーする時点においてJリーグ登録している選手に、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた者または第13条第3項第3号に定める状態の者が存在する場合または存在することが見込まれる場合、当該チームが行う公式試合の開催可否の判断は、以下各号の定めに従う。

      1. 当該チームにおけるエントリー可能な選手の人数が、トップチーム登録(J3に参加するU-23チームについては第2種トップ可および特別指定選手を含む)の選手14名(ゴールキーパー1名を含む。以下「基準選手人数」という)以上である場合、当該試合は予定通り開催される
      2. 当該試合開催の2日前の正午時点からエントリー開始時点までの間に基準選手人数に満たない可能性がある場合、当該チームは直ちにJリーグに連絡のうえ、試合開催に向けて最大限努力しなければならない
      3. 前号の努力にもかかわらず、当該試合の開催が困難であるとチェアマンが判断した場合、当該試合は中止することができる
  7. 年間順位の決定

    Jリーグ規約第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさないリーグがある場合、当該リーグについては年間順位を決定しないものとし、その取扱いについては、本実施要項に別段の定めのある場合を除き、理事会で決定する。

  8. 大会不成立の場合の記録

    Jリーグ規約第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさない場合であっても、開催された試合は公式記録として記録される。

  9. リーグ戦不成立時の表彰の取扱い

    Jリーグ規約第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさなかった場合、当該リーグ戦については第2条から第4条に定める表彰を行わない。

変更箇所 新規追加

※ 赤字が変更箇所

  1. ビジタークラブのための観客席の確保
    1. (1) Jクラブは、対戦チームの所属するJクラブ(以下「ビジタークラブ」という)を応援する観客のために、適正な数の席を確保しなければならない。
    2. (2) 前項の定めは、第62条の2に定める入場制限試合が開催される場合には適用しない。
  2. 公式試合
    1. Jリーグにおける公式試合(本規約において「公式試合」という)とは、以下各号に定める大会を構成する試合その他理事会が指定した試合をいう。

      1. J1リーグ戦
      2. J2リーグ戦
      3. J3リーグ戦
      4. リーグカップ戦
      5. J1参入プレーオフ(ただし、2020年シーズンは行われない)
      6. スーパーカップ
  3. AFCチャンピオンズリーグ参加義務
    1. 以下に該当するJクラブは翌シーズンにAFCが開催するAFCチャンピオンズリーグに参加しなければならない。ただし、J1リーグ戦が第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさなかった場合または天皇杯が中止もしくは不成立になるなど以下各号に基づく決定が困難な事情がある場合、理事会においてその取扱いを決定する。

      1. J1リーグ戦優勝クラブ
      2. 天皇杯優勝クラブ
      3. J1リーグ戦年間順位2位クラブ
      4. J1リーグ戦年間順位3位クラブ
      5. J1リーグ戦年間順位4位クラブ(天皇杯優勝クラブとJ1リーグ戦優勝、2位または3位クラブのいずれかが重複した場合のみ)
  4. 試合の中止の決定
    1. (1) 公式試合の中止は、主審が、マッチコミッショナー、ホームクラブの実行委員およびビジタークラブの実行委員(またはJリーグ規約第51条第2項第1号に基づくその代理人。次項において同じ)の意見を参考にして決定する。ただし、主審が到着する前にやむを得ない事情により試合を中止する場合は、マッチコミッショナーおよびホームクラブの実行委員が協議のうえ決定する。
    2. (2) 前項の定めにかかわらず、公式試合が、新型コロナウイルス感染症の影響により以下各号のいずれかに該当する場合、当該試合は中止される。

      1. リーグ戦実施要項第13条の3第3号の規定により、チェアマンが試合を中止したとき
      2. 審判員が新型コロナウイルス感染症の影響を受けてその職務を遂行することができなくなった場合であって、リーグ戦実施要項第20条第3項の定めに従った協議にもかかわらず、公式試合を担当する主審および副審計3名を確保できないとチェアマンが判断したとき
  5. 不可抗力による中止
    1. (1) 公式試合が、キックオフ前に悪天候、地震等の天災地変、公共交通機関の不通、新型コロナウイルス感染症を含むパンデミックその他いずれのチームの責にも帰すべからざる事由(以下「不可抗力」という)により第62条の規定に基づいて中止となった場合、当該試合の開催の日時および場所は、チェアマンが決定するものとする。
    2. (2) 公式試合が、キックオフされた後に、不可抗力により第62条の規定に基づいて中止となった場合、当該試合の取り扱い(再試合または再開試合の日時および場所を含む)については、次の各号からチェアマンが決定する。

      1. 90分間の再試合
      2. 中止時点からの再開試合
      3. 中止時点での試合成立
    3. (3) 第1項により中止となった公式試合の変更日時および変更場所または前項に基づく再試合もしくは再開試合の日時および場所が当該シーズン中に確保できないとチェアマンが判断した場合、当該試合は開催されない。
  6. 敗戦とみなす場合

    公式試合が、一方のチームの責に帰すべき事由により、第62条第1項の定めに従い中止となった場合には、当該試合は開催されたものとみなし、その帰責事由あるチームは、原則として0対3で敗戦したものとみなす。

  7. 表彰

    Jリーグは、リーグ戦およびリーグカップ戦等に関し、チーム、選手、監督ならびに主審、副審、追加副審および第4の審判員(以下総称して「審判員」という)等の表彰を行う。ただし、第40条の2に定めるリーグ戦成立要件を満たさなかった場合、当該リーグについては表彰を行わない。

  8. 大会方式

    リーグ戦の大会方式は、ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりとする。なお、リーグ戦の成立要件は、Jリーグ規約第40条の2に定める通りとする。

  9. 出場資格を得るための追加登録期限

    2020年11月6日までに協会への選手登録およびJリーグ登録を完了した選手のみが、試合への出場資格を有する。

  10. 年間順位の決定
    1. リーグ戦が終了した時点で、勝点(勝利3点、引き分け1点、敗戦0点)の合計が多いJクラブを上位とし、J1、J2およびJ3それぞれ年間順位を決定する。ただし、勝点が同一の場合は、次の各号の順序により決定する。

      1. 全試合の得失点差
      2. 該当するJクラブ間の対戦成績(イ.勝点 ロ.得失点差 ハ.総得点数)。ただし、ホーム&アウェイの2試合を実施していない場合、本号は適用しない
      3. 全試合の勝利数
      4. 全試合の総得点数
      5. 全試合の反則ポイント
      6. 抽選
  11. 選手の交代
    1. 試合中の選手の交代は、次の各号のとおりとする。

      1. 選手の交代は、名以内とする
      2. 選手の交代は、1試合合計3回以内(ただし、ハーフタイムを除く)とする
      3. 交代は、退出する選手の選手番号を交代ボードで提示したうえ、行わなければならない
  12. 入場料金の払い戻し
    1. 入場料金の払い戻しは、原則として次の各号の場合に行う。

      1. 試合が不可抗力により中止となった場合
      2. 試合前に、いずれかのチームの責に帰すべき事由により試合が中止となった場合
      3. Jリーグ規約第62条の2に定める入場制限試合が開催された場合(ただし、払い戻しの範囲は観客の入場制限の実施態様によって決定する)
  13. 年間表彰
    1. (1) J1リーグ戦における年間順位より、それぞれ次のとおり賞金および記念品を授与する。

      1. 優勝:賞金 150,000,000円、Jリーグ杯(優勝銀皿)、日本サッカー協会会長杯、メダル、チャンピオンフラッグ
      2. 2位:賞金 60,000,000円、Jリーグ杯(準優勝銀皿)
      3. 3位:賞金 30,000,000円
    2. (1) J1リーグ戦における年間順位より、それぞれ次のとおり賞金および記念品を授与する。

      1. 優勝:賞金 10,000,000円、Jリーグ杯(優勝銀皿)
      2. 2位:賞金 5,000,000円、Jリーグ杯(準優勝銀皿)
      3. 3位:賞金 2,500,000円
    3. (3) J3リーグ戦における年間順位により、それぞれ次のとおり賞金および記念品を授与する。

      1. 優勝:賞金 2,500,000円、Jリーグ杯
      2. 2位:賞金 1,250,000円
  14. リーグカップ表彰
    1. (1) リーグカップ戦終了後、チームの順位により次のとおり賞金および記念品を授与する。

      1. 優勝:賞金 75,000,000円、Jリーグカップ、メダル
      2. 2位:賞金 25,000,000円、楯、メダル
      3. 3位:1チームにつき賞金 10,000,000円、楯
    2. (2) リーグカップ戦における最優秀選手およびニューヒーロー賞の受賞選手を選考し、賞金または賞品を授与する。

変更点や規約の詳細は下記からご確認いただけます。